最終話の『警視庁いきもの係』を見て! 『ギヤマンの鐘』から『仮面の忍者赤影』を思い出すことに!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回はちょっとだけ。
古い以前を思い出したという話です。
先日終わったドラマ『警視庁いきもの係』を見て。

渡部篤郎さんと橋本環奈さんが主演しているドラ
マ。
かなり人気度が高いとありますから、多くの方が
知っているでしょうけど。

ところで、このドラマ、動物のことをチラチラと
ですけど。
「そうだったのか」と教えてくれるので面白い!
と見ていましたが、そうした興味深い点以外にも。

時折「あれ?」と思わせるものがあります。

たとえば、第7話と思いますが、ピラニアの入って
いる水槽に須藤警部補の渡部篤郎さんが日塔警部の
長谷川朝晴さんの手をチョンチョンと触れさせる
ところ。

あれ、おそらく、アドリブでしょう。

長谷川朝晴さん、本当にびっくり驚いた顔に見えま
したし、渡辺篤郎さんも笑っていました。
また、その後ろにいた石松刑事の三浦翔平さんも驚
きつつ笑っていましたから。

あの場面は渡部篤郎さんのイタズラっぽい動きが表
れた時と思うのです。
違いますか。
どうでしょう。

でも、チョンチョンとしても、びっくりしても。
皆さん、役者さんというか。俳優さんだから。
演技は続けていた様子。
ですから、収録されているのでしょうけど。
さすが・・と。

でないと。
あの感じでドラマに組み込めないでしょう。
と、僕は勝手に見立てています。

フジテレビ系ドラマ 警視庁いきもの係 オリジナルサウンドトラック [ Evan Call,Audio Highs ]


そして、冒頭の古い以前を思い出した話ですが。
これは最終話で、飛び出した言葉『ギヤマンの鐘』
のこと。
鬼頭管理官(寺島進さん)の言葉です。

意識しなければ、ストーリーでの単なる言葉。
それで使用されていた・・と。
それだけに見えますが。

でも、僕がこの『ギヤマンの鐘』で、ついビットが
立ったのが、これ。
今から50年ほど前のアニメ発の少年向けテレビ番組
『仮面の忍者赤影』ですね。

この赤影で『ギヤマンの鐘』と呼ばれる鐘の争奪戦
が繰り広げられるのです。
確か、「サタン」「マリア」「ゼウス」の三つ!
と覚えていますね。

ですから、たぶんですよ。
このドラマの制作関係者には『仮面の忍者赤影』を
見て印象深い人がいるか。
横山光輝さんの漫画・アニメが好きな人がいる・・
なんてね。

気ままに頭に浮かべ、勝手に想像しているのです。
※ 横山光輝さん、赤影の作者です。

で、そんなところに頭を運んでくれる、このドラマ
『警視庁いきもの係』、繰り返しですが、面白いと
思うのです。

もっとも、感じる部分は人により違うでしょう。
ですから、必ずしも、僕が「あっ」と思ったところ
にですね。
ピントが合う受け止め方をするとは思えませんが。

とはいえ、一つのストーリーの中で小さいミニ話を
想像させたり、思い起こさせたりしてくれるところ。
ちょっと他とは、また違った面白さと同時に楽しさ
を与えてくれる・・かなと。

今回も徒然ながらこのように捉えるのです。
では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 内野聖陽 家康
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。