『ハロー張りネズミ』イイネ! 第2話からグンと弘兼憲史さんらしさアリ! 風かほる役の山口智子さんもグンと光る!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



今回はこちら。
テレビの番組、ドラマ『ハロー張りネズミ』のこと。
第 2話を見たのです。

グッと、弘兼憲史さんの世界へ迫ってきた感じです。
漫画が実写になるとこういう雰囲気なんてね。

漫画では四俵蘭子の登場はかなりゆったりだったと
思いますけど。
ドラマは悠長に構えていられないのでしょう。

第 2話から大きくクローズアップですね。
まあ、深田恭子さんですから。
はじめから大きく登場させないと面白くない!
それは想像に難くありません。

とにかく、第 2話から。
主要な出演者の動きが全開の様子。

七瀬五郎の瑛太さん、木暮久作の森田剛さん。
そして、四俵蘭子の深田恭子さんは謎の輝きを
放ちます。

 七瀬五郎  瑛太
 四俵蘭子  深田恭子
 木暮久作  森田 剛
 風 かほる  山口智子
 南  リリー・フランキー

※ 敬称略。

また、風かほるの山口智子さんもよいのです。
特に第 2話では風かほるがグッと浮き上がって。
目に入ってきます。

「わかっちゃうんだって」
「わたしぐらいになっちゃうと」

あかつか探偵事務所

このフレーズ、なかなか響きがよいのです。
覚えている範囲では、第 2話、少なくとも 3回は
言ってますね。

「あかつか探偵事務所」のボスというか。
親分らしく仕切っている姿が面白くてよいのです。

それにドラマの後半ストーリーで、裏技使って。
情報を仕入れた成果を見せた場面ですね。
七瀬五郎との軽妙な漫才もどきが好印象!

「熟女云々・・ニーズ云々・・」で蹴りを喰らう!

ああいう流れって、昭和50年代の漫画というか。
その時代をちょっぽり感じさせてくれます。

ドラマ設定は現代2017年でしょうけど・・ね。
なんかですよ。
懐かしい感じがするのです。

おそらく、このドラマ。
40代、50代、60代前半には人気があるかもしれま
せん。

ちなみに、第 1話の視聴率は二けた台だった様子。
結構、よいスタートではないでしょうか。

当然、俳優さんの力が大きい!
これは否めませんけど。

それにしても、第2話から第3話との前後編仕立て
ですから、制作側も力を入れているのでしょう。
これからの暑い時期に熱く迫る感じ。

で、熱いと言えば、第 2話の終了で手りゅう弾?
で爆発ですから。

張りネズミ 深田恭子

南役のリリー・フランキーさん。
無事でまた笑いを取るオジサンで顔を見せる!
とは思いますが。

危機が迫っても、とぼけた顔が・・ね。

そして、ストーリー展開、飽きさせませんね。

ということで、今回も徒然ながら思いのたけを。
表してみたのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ルパン三世 峰不二子
  2. ショーンK テレビ
  3. 世相 雑学
  4. 直虎 最終回
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。