アニメの『ガールズ&パンツァー』・・ガルパン・・劇場版の人気上り調子? アンコウ鍋もあるし大洗町に行く!

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ガールズ&パンツァーって!

人気のあるアニメ映画を見て面白い時代と思うよね。

アニメ ガルパン

項 目

1 ガールズ&パンツァー
2 劇場版の人気もすごい
3 発想が面白い

ガールズ&パンツァー

面白い時代になったなあと思いますね。
そして「何でかなあ?」と。
少々クエスチョンまじりではありますが『ガルパン』を見て、とても興味深いものを感じています。

英語とドイツ語コミコミの表記だからでしょうか。
こうした点も日本人にわかりやすくした作者の心配り?
・・かもしれません。

GIRLS und PANZER

「女子と戦車を組み合わせる」とは、意外な組み合わせでしょう。
合わないと思われるもの同士を合わせたところに、面白みがあると言いたげにも映ります。

とはいえ『ガールズ&パンツァー』が茨城県大洗町の女子高校生たちの戦車に熱中する姿を描いたアニメであること。
それは知らなかったわけでもなく、今までも目に入れることはありました。

ただ、これほどまでに人気があるとは、気が付かなかった!
それだけ、僕的には意外性の高い対象なんですね。

ところで、ここで承知する範囲を並べてみると、だいたい、こんな感じでしょう。

戦車道
武道としての位置づけで存在するもの。
不思議ですが、土俵を違えてはいけませんから、素直に「了解」です。
ストーリー
『戦車道』が華道や茶道と並ぶ、大和撫子の嗜みのひとつとなった世界を描くわけです。
登場戦車
第2次世界大戦時仕様のもの(日・独・米・ソ・英・仏)

ともかく、こういうものであって、ゲームの好きな人にはたまらないでしょう。

劇場版の人気もすごい

また、昨年の11月21日公開の『ガールズ&パンツァー』劇場版の人気もすごいとあります。
1月16日現在、ネットで目にした数字は興行収入9億円を突破とありますから、比較的早い段階で結果を出して
いるのでしょう。

実際アニメの興行収入は、どの数字を出せば、成功になるのかわかりませんが、過去の例をウイキペデイアで拾う
とこんな様子。

2014年
映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
東宝 77.2億円
2015年 1
ドラえもん のび太の宇宙英雄記
東宝 39.3億円
2015年 2
クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃
東宝 22.8億円
2015年 3
名探偵コナン 業火の向日葵
東宝 44.7億円

でかい結果を出しているものを探すと、これもあります。
過去にはけた違いのものもあるのです。

2001年
千と千尋の神隠し
東宝 304億円

上には上があるということになりますね。

それでも1ヶ月半を越えた時点で、9億円の数字は興行的には成功に映るとあります。

【再生産】ガールズ&パンツァー IV号戦車D型改(H型仕様)エンディングVer.【PD20】 ピットロード [PT PD20 ガルパン 4ゴウDカイ エンディング]【返品種別B】

発想が面白い

続いて、発想・考え方に触れてみましょう。
この『ガールズ&パンツァー』は「女子と戦車」の二つの言葉が重なった、そして「女子」の文字がくっついたことから脚光を浴びたと思うわけです。

これが「男子」の場合は、通り一遍というと語弊はありますが、あまりにも一般的な一つの組み合わせになるでしょう。

つまり、特段「おっ」とはならないわけです。
イメージとしては自衛隊、その中でも総合火力演習などを思い出すでしょう。

ですが、あり得ないだろうと思われる?
たとえば「女子」は怖がるだろう?
と思うもの、戦車をぶつけたことがポイントでしょうね。

面白い発想です。

およそ戦車は無骨な鉄の塊に見えます。
そして、砲身から打ち出される弾丸を戦車などにあてて破壊するという代物ですよね。

そこには単に「強そう」「たくましい」以外の形容表現もあるでしょう。
「痛い」「怖そう」とかね。

アニメ ガルパン

もっとも、アニメですからね。
そこまで深く考える必要はないのかもしれません。
単純に、シルエットから「おお、かっこいい」ぐらいで十分でしょうけど。

何とも、不思議で興味深い世界です。

と、訥訥と言葉を拾い上げましたが、終わりにこちらも挙げましょう。
せっかく大洗町の名前が表れるのです。
アンコウ鍋、これにも思いを馳せないといかんでしょう。

ということで、今回はですね。
劇場版で公開『ガールズ&パンツァー』の人気を数字で見て、頭に浮かぶものを並べてみました。

では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。