AKB48選抜総選挙の乱? 結婚宣言の須藤凜々花さんはどうするの? NMB48 のキャプテンの山本彩さんはチョイと気の毒!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
「第 9回 AKB48 選抜総選挙」のアトのできごと
に関して。

これですよ。
総選挙結果 20 位、NMB48 の須藤凜々花さん。
(アンダーガールズ)
スピーチで突然、結婚宣言してしまったこと。

どうなんでしょうね。
僕などが言葉にするよりもすでに多くのファンが
ですね。
その姿勢、結婚するならなぜ総選挙に出て来るの?
ということだと思うのですが、その部分を捉えて。

肯定、否定と大きく意見というか、言葉が飛び交
っている様子。

まず、肯定派、肯定的に捉えてくれるファンは。
「おめでとう」の声を主体にした場合が多いよう
ですね。

この部分は「まあ、しゃあないか」といった見方
もあるでしょうけど。
寛容さに溢れているので須藤凜々花さんも申し訳
なさそうな姿勢で接すればよいか・・と。

一方の否定的に捉えている面々は難しいでしょう。
金銭的な話までですね。
飛び出していますから。

要は投票そのものがCD購入等を通じて。
その権利を購入するような形になっています。

また、メンバー自身も総選挙で上位にのし上がっ
ていくほど。
ある意味、そのメンバーは AKB はじめその係累
のグループの興行的立役者にもなるのでしょう。

つまり 20 位になるということはですね。
ファンにそれだけの売り上げ協力をしてもらった!
もっと言えば、ファンにお金を使わせた!
そういうことになるのでしょう。

ですから、ファンからすれば。
お目当てとするアイドルと夢をこれからも持てる?
そんな感じで投資(?)していたのに。
「結婚します?やめるんかい?」

それなら、総選挙の前に行ってくれたら。
違うアイドルを夢の対象としたかった!
そういうことではないでしょうか。

実際に「金返せ」という状態かどうか。
それはわかりませんけど。
ネットの中を見る限りでは、それも想像させるに
難くないように映ります。

何とも総選挙の仕組みが購買力を煽るように見え
るだけに!
なんとも悩ましいところでしょう。

きっと AKB 側というか、興行側は困っているの
では。
「何も総選挙結果の日に言わなくても」
「時と場所考えてよ」
とかですね。

また、メンバーからはこんな感じ?
「売名?」
「何で、今」
とか。
あるのではないでしょうか。

思うところはそれぞれで、その煮えたぎる温度も
それぞれでしょうけど。

早速事態を不安視しているメンバーの声もあるよ
うですから。
こうした見方もあたらずとも遠からずでしょう。

たとえば、こちらの方。
NMB48 キャプテンの山本彩さんは須藤凜々花さん
がスピーチの中で「結婚宣言」したことに触れて
いるとあります。

これはマイナビニュースです。
山本彩さんのブログで登場した言葉のようです。
「まずは、応援して下さっている」
「ファンの皆様をはじめ沢山の方々に」
「ご心配とご迷惑をお掛けして」
「申し訳ありません」
このように謝罪した・・と。

こうなると個人の幸せ話もそれだけでは済まなく
なりますね。

と思うと同時に山本彩さんが気の毒というか。
かわいそうに見えてきます。

そして、個人の行為であってもです。
大きく他所に影響を及ぼすこともあるわけで。
周辺の特に近い関係者はしばらく気をもむ!
それは避けられないかもしれません・・ね。

ともあれ、須藤凜々花さん。
今後、どうするのでしょう。
実はあまりよく知らなかったのですが、今。
ちょっと興味を覚えます。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. おんな城主 小野政次
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。