萩原健一さん、ショーケンが逝ってしまった! 印象に残るは『泣けるわけがないだろう』・・

この記事は1分で読めます

ラビカリです。

今回は萩原健一さん、ショーケンのこと。

久しく、頭の中に見当たらなかった方ですが
いざ、亡くなったと耳に入れると
とてもさみしい思いがしてきますね。

僕よりはもちろん、年長の方ではありますけど。
しかも、結構、上の方。

10代、20代のころ、テレビドラマなどを通じ
少なからず影響を受けた覚えがあることから

「何か、一つ時代が進む」
「変わっていくのかな」
そんな思いに駆られます。

はじめに、バンドと言いましょうか
グループサウンズの世界では
ザ・テンプターズでボーカルだったかな
と記憶しますし・・

と言っても、現役のころではなく
ドラマ『傷だらけの天使』を見て惹かれ
「ああ、そうだったのか」
と思う口でしたけど。

その後は『前略おふくろ様』
・・、グッと下って
『居酒屋ゆうれい』
これは映画でしたね。

そして
同じころのテレビドラマ『冠婚葬祭部長』
とても印象深かった!
そんな感じ。

このドラマの主題歌が
『泣けるわけがないだろう』

この曲「いいなあ」と思って
CD購入した覚えがありますね。
※ 実際、よい曲ですよ。

どこに行ったのか、今はわからないけど。

でも
当時、東京勤務から地方に向かった年だったので
妙に心に今も残っているのです。

結構、カラオケで歌った記憶もあって
何か、今、妙に聞きたくなってきました。

歌声は渋くて、人生観を言葉にした歌詞で
「よかったかな」
そんな思いが残ります。

まだまだ、頭の中の箱を紐解けば
いろいろと出てきそうですが
サッと思い出す!
心にささるものを取り上げてみました。

そして、あらためて
萩原健一さんのご冥福をお祈りし
今回は閉じることにします。

・・・・・
ここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山本陽子 ドラマ
  2. リベンジ ポルノ
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。