電車通勤手当アリの私有車登庁! 東京都区職員は停職処分「15日」! ガソリン代なら・・国会議員なら・・いいの?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



今もこういうことやる人いるのか?と思う。

と同時に、国会議員だったらトボケられた?

つい比較してしまうのです。

項 目

1 停職「15日」の出来事
2 悪いことも世の中不公平?

スポンサードリンク

停職「15日」の出来事

東京都某区の職員が個人所有の車両で通勤
しているにもかかわらず、電車通勤と称し
同通勤費を詐取していた話。

ただし、内部で咎められた際に返還とあり。

何でも6年間もこの行為を行っていた
というのだから確信犯でしょう。

総額の通勤手当が約280万円とのこと。

夫婦2人の合計額として単純計算すると
1月1人あたり2万円弱を受給していた?

しかし、それだけの金額で残りの公務員
人生をほぼ棒に振る?

いささか不謹慎な表現ですが、惜しい
というか残念なことにも見えます。

経緯はいろいろと見ると載っています。

出発点はうなづくものがあるにしても
発覚するあたりはワル乗りした!
と見られても仕方がないのでしょう。

どこかでやめればよかったのに・・と。
つい、思います。

突発的に呼び出しを受けて登庁!
であれば私有車両での通勤もやむなし
でしょうけど。

発覚も匿名情報提供とあります。
いわゆるチクリ・・?

日ごろから職場内で恨みを買うことがあった?

あるいは職場の周辺もさりげなく忠告していた
ような気もします。

大概わかるでしょう。

給与明細書が経理担当から庶務担当に至る際に
複数の人の目には触れるでしょう。

噂話ぐらいにはなるでしょう。

無視していた?

本当のことはわかりませんが、外部の人が
知るところでもない?

ですので、区役所内部の人の訴え?

擁護するわけではありませんが隙があった?

お立場は「主事」さん。
組織のどの位置かわかりませんが、一応人を
束ねはするのでしょう。

となると停職「15日」は一般的にその立場を
続けることは難しいでしょう。

区役所の組織構造はどうなっているのか
わかりませんが、免職にしなかっただけ
退職金があるから・・よし!
ということでしょうか。

警察官の知り合いの話では停職を頂戴したら
それも2ケタだと依願退職と言っていました
からね。

結局、年齢を見ると定年まで2人とも数年を
残すばかりなのに、幕引きなのでしょうか。

矛盾しますが、ちょっと気の毒な感じもアリ。

でも、失念という言葉も載っていましたが
お金に関しては、先ほども触れましたが
給与明細書はしっかり見ると思いますから。

それはないでしょう。
と、徒然に想像は膨らむのです。

そして、悪いことをしたのだから仕方がない
とは思いつつも。

こうした公務員の今回の処断を見る限りは
厳格に施されているように見えます。

この時ふと頭に浮かんだのがそうでもない
世界のこと。

悪いことも世の中不公平?

実はこの報道記事を見て、頭に浮かんだのが
「日本死ね」で知られる民進党の山尾志桜里
国会議員のこと。

同議員はガソリン女王などと揶揄され、その
部分については、ややお気の毒という感じも
あります。

ですが、成すべきことをしているように見え
ませんね。

地球5周分ものガソリン代を政治資金収支
報告書に記載し、おかしいと言われても
多くの人が納得できるような説明は未だに
ない様子。

地元の秘書がガソリン代を多い時で1日に
10万円も経費扱い!

正しいとするならば明解な説明を行うべき
でしょう。

こういう内容が耳に入ると、先の公務員は
ダメで、なぜ政治家はOK!なんだ・・と
つい憤慨モード。

悪いことは悪いと上の者もきっちりしないと
なんとも不公平感を強く感じるところ
でしょうか。


ということで、今回、懲戒処分の停職「15日」
これを見て徒然ながらも思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 迎賓館 一般公開
  2. 世相 雑学
  3. 日本第一党 ロゴ
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。