桜井誠氏を党首とした【日本第一党】のロゴマークと綱領を見て思う! 党員へ入党希望者はどうなる?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

【日本第一党】のロゴマーク

今回は新しい政治活動グループに関して思うこと。

最近立ち上がった【日本第一党】

日本第一党 ロゴ

早速というか、党首の桜井誠氏が率いる【日本第一党】のロゴマークと綱領を見ました。
どちらも、とてもシンプルながら『言いたい』『伝えたい』ことがよくわかるものに映ります。

そして、僕も日本を批判する人を見ると「いかがなものか!」との思いを強く持っています。
日本人ですからね。
これは普通の感覚と思うのです。
とはいえ、反日活動を起こす人たちへ、のろしを上げてまで糾弾する勇気もありません。

ただ、ないからと言って反日発言を受け入れているわけでもありません・・そんな状態ですね。
ですから、少々共鳴するものは感じます。

糾弾行為(デモ)とかの経験はなくともですね。

先の桜井誠氏の都知事選時の街宣発言を思い起こすと、なおさらでしょうか。
同氏は別におかしいことは言ってはいないでしょう。

ただ、デモで『あけぼのマーク』のような『旭日旗』と呼ばれる旗を掲げるのは、少々抵抗を感じますけどね。
これは『旭日旗』が悪いということではなく、デモに似合わないと思うだけ。

話がそれました。
それでロゴのこと。

わかりやすいですね。
気持ちが何やら新たになる感じです。

《Twitterから》


とてもきれいです。
加えて、綱領もわかりやすい。

一つ目

我が党は世界に比類無き万世一系の天皇を戴いた民族国家日本の国体を護ります。

二つ目

我が党は日本第一主義を掲げ日本国の国益を死守し日本人の権利を保護し日本全体の幸福追求を目指します。

三つ目

我が党は本来の保守主義の復権を目指し我が国の伝統、文化、歴史を守る為、時として外敵と戦う事を辞さない覚悟を持ちます。

四つ目

我が党は逼迫する国際情勢の危機を看過する事なく、一日でも早く日本人自らの手で新憲法を制定し国軍を保有することを目指します。

五つ目

我が党は歪な外国人社会福祉行政を廃止し日本人のための社会福祉の充実を図ります。

・・というものですね。

日本(心)と日本人を大事にしよう!
と言っているのでしょう。

日本第一党 ロゴ

別に極端なことを言っているわけでもなく、一般的に「そうだね!」と思えるようなこと。
それを表現しているだけに見えます。

ただ、受け手によっていろいろと捉え方は違うでしょう。
対象が韓国とか北朝鮮、そちらに「困るよ」的なニュアンスを持っているように見えますからね。
たとえば在日の人はイヤかもしれません。

特に社会福祉行政のところ、これカットされたらイヤという人はいるでしょう。
でも、現実は日本人より在日の人がもらいやすいと聞きますから、もしその傾向が進んだとしても、日本人と同じくらいのところで折り合いが付きそうな気もしますが、どうでしょう。

それに、むしろ、在日の人は彼らの元に飛び込んで胸襟を開いて話し合えば、理解が進むかも。
なぜなら、日本第一党は在日の人たちに顔を向けていると思います。
無視していないのだから、本当は変な既存の政党より、真摯な姿勢とも思われますが、いかに。

そして、支持したい人は支持すればよいでしょう。
支持したくない人は支持しなければよいのでしょう。

ともかくも、新しい時代のうねりの端緒、東京都知事選以来、起きているように感じるのです。

今後、既存の政党にどのような影響を与えていくのか。
ちょっと興味深いところでしょうか。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. トカラ 群発
  2. 韓国 イチゴ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。