マイナンバーの個人番号は本人証明として利用! 会社での採用時に利用事務への提供と本人確認の証明に必要!

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
マイナンバーに関して。

その内容はこちら。
職場で採用者からマイナンバー制度の個人番号
取得の際、本人確認をする必要があること。

マイナンバーの個人番号・・とは
国民に個人番号を付与し個人証明
を行う行政手法。
単にマイナンバー、マイナンバー
制度と呼ぶだけ。
基本的に「個人番号」を頂戴する
と思えばよいとあります。

知らんぷりもできませんから、何はともあれ
どういうことなのかあたるのです。

項 目

1 採用時の本人確認
2 法律の根っ子
3 本人確認の要領
4 身分証明書として扱われる!

採用時の本人確認

前 提

雇用側から見て。
採用時(採用後も同じ。)の各種手続きを行な
うために、マイナンバー制度の個人番号の取得
が就業前の前提になるということ。

いわゆる個人番号利用(関係)事務で必要!と
言われます。

個人番号利用(関係)事務

 個人番号利用事務

: 行政機関で個人番号を利用する事務

 個人番号関係事務

: 会社等で個人番号を取り扱う事務

ですから、就業者も示さざるを得ません。
また、雇用側も頂戴しないと就業させられない。

ただ、この取得の際に承知すべきことは他人へ
のなりすまし行為の恐れがあること。

そのため、なりすましを未然に防止する。
いくつかの要領があるようです。

こちらを見るとこんな感じでしょうか。

法律の根っこ

本人確認の措置

まず、確認の措置を求める根拠はこれですね。

番号利用法第16条

個人番号利用事務等実施者は、第14条第1項
規定により本人から個人番号の提供を受ける
ときは、当該提供をする者から個人番号カード
若しくは通知カード及び当該通知カードに
記載された事項がその者に係るものである
ことを証するものとして、主務省令で定める
書類の提示を受けること又はこれらに代わる
べきその者が本人であることを確認する
ための措置として政令で定める措置を
とらなければならない。


ごちゃごちゃ書きました。
が、条項を表した方が早いと思いましたので。

では、大事なところだけ!
まずは第14条第1項、ここではこのようになっ
ています。

本人に対する個人番号の提供の求め
ですから、これに基づいて個人番号を教えて!
となるわけです。

そして、第16条はその際に番号が本物か本人の
ものであるのかを確認しなさい!
ということを言っているわけです。

これは個人番号のなりすまし(経歴詐称や健康
保険の不正受給等)による不正利用を防止する
目的を持っているのでしょう。

逆に「本人確認措置」をせずに番号を利用して
問題が生じた時は雇用側の事業者が責めを負う
かもしれません。

このあたりは罰・バツに関するものを別に見る
必要はありますが、ここではいったん横に置く
ことにします。

ところで、不正利用防止のため本人確認がある
とすれば、一番身近なものでは次のことが最初
の出来事になりそうです。

交付される個人番号カード受領時
 
まず、最寄りのお役所と関わるのです。

2016年 1月以降、個人番号カード交付の際に住
民が返納する通知カードの番号を確認すること
から始まるのです。

同時に添付書類の提示を求め、その番号が本人
のものであるのか厳重にチェックするとありま
す。

まあ、当たり前だろう!という話ですけど。
何にせよ、個人番号カードを受領する際にその
洗礼を受けるということですね。

そして、以後、この人は大丈夫ですから!とい
うことで、個人番号カードを提示すれば。
番号と身元確認が同時に行われることになりそ
うです。

本人確認の要領

ここではマイナンバー制度の個人番号(同カー
ド)の交付を受けたアトの話ですね。

要はマイナンバーの個人番号は
本人証明の唯一無二の存在へ。

本人確認の要領と基本的にそのための携行品を
表しています。

1

個人番号カード

これだけで本人確認終了。

2

通知カード

運転免許証あるいはパスポートが必要。

3

個人番号記載の住民表(写し)

運転免許証あるいはパスポートが必要。

ですので『マイナンバーの個人番号カード』は
身分証明書と同じと思った方が無難でしょう。
マイナンバー 会社
※ 内閣官房ホームページから抜粋

身分証明書として扱われる!

話戻してですね。
採用時の本人確認は一般的な対面方式で既出の
携行品の組み合わせで行なえば大丈夫とありま
す。

ですので、就業・採用時にマイナンバーの個人
番号カードがあれば、手続きは簡単に済むでし
ょうし、雇用側はまずそれを求めるでしょう。

ということで、今回はここまでですね。

ただ、個人番号(同カード)に縛られる生活に
なる!
それは間違いなさそうです。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 文春 不買
  2. 訴訟 再婚禁止期間
  3. トカラ 新燃岳
  4. NEM 雑所得
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。