ポーラ化粧品、某販売店『中国人お断り』で中国人から苦情・非難に配慮して謝罪へ、処分処置へ進む! チョイ可哀想かな?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

『中国人お断り』の苦情・非難

今回は『背に腹は代えられぬ』と思われること。

ちょっと前、話題になっていたものです。
ポーラ化粧品の張り紙に関してです。

こちらの某販売店の不適切な張り紙『中国人お断り』で
中国人から苦情・非難に配慮して、その該当店舗に対し
処分処置へ進んだ様子。

まずは、謝罪へ。

      m(__)m

続いて営業停止、委託販売契約も解除とありますので。
この店こそポーラ化粧品への出入りのお断りを受けた
ということになるのでしょう。

まあ、お客さんあっての商売ですからね。
しかも、化粧品会社にとって、インバウンドと言えば。
大きな顧客です。
そのほとんどが中国人である現実を考えればですよ。

販売店と委託での契約を行う会社にしてみれば。
『中国人お断り』で中国人から苦情・非難で世間が蠢く
ことは、重大事であったことは想像に難くありません。

変な話、不買運動にまで発展したら、中国のみならず。
韓国、そして東南アジアにまで不興を買うことにもなり
ませんから。

それにいくら中国では『日本人、お断り』のお店がある
とはいえ、だから日本も正当化するとも言いづらいでし
ょうし・・。

ポーラ化粧品は規模はともかく、中国にも進出している
とありますから、そちらに支障が出ても困りますよね。

それらの点を考慮すれば、今回の処置はやむを得ないの
かもしれません。

ポーラ 化粧品

ただ、気になるのは、某をつけた販売店、今は元販売店
となるのでしょうけど。
こちらにも十分すぎるほどの言い分はあったと思われる
ところ。

ですから、その背景も一緒に語ってから、ポーラ化粧品
も謝罪すれば、中国の人も何か感じて、次回からは双方
より近しい形が生まれるとも思いましたが、一方通行の
様子。

それで、僕がちょっと過去目に入れたことを参考までに
あげておきましょう。

実際、中国の人がものを購入している、あるいは品定め
をしている光景を見たらですよ。
大方の日本人はそこで購入したいとは思わないかも・・。

もちろん、すべての中国人がそのような思いにさせると
いうことではないですよ。

でもね、多いのです。
また、すごいのです。
というか、日本人ならできないと思うことをしますから。

〇 商品を投げる!
これは気に入らないものをよけているつもりでしょう。
ですが、行為は「投げる」です。

〇 開封する!
パッケージに入っている画像が信用できないのかもしれ
ませんが、箱のふたを開ける人もいます。
日本人であれば、それで購入決定でしょう。

〇 他の客を押しのける!
文字どおり「私が通るのよ!」的な行動ですね。

〇 声がデカイ!
これもワイワイが好きなんでしょう。
でも、日本人のそれとは違います。

まだ細かくあげれば他にもありますが、ここで表すには
不適切と思うので、以上としますけど。
とにかく、中国のお国の事情から「仕方がないよね」的
に思えるものありますが、日本国内で日本人の顧客を考
えれば。

「ちょっと勘弁して!」と言いたくなる!
悲鳴をあげたくなる!
そんな時もあるでしょう。

と、僕は少々某販売店の方に同情申し上げる次第・・。

スポンサードリンク

もちろん、会社も生きていくためには仕方がありません
からね。
従業員を路頭に迷わすわけにはいきません。
責める気など毛頭ありませんけど。

それと同様、それ以上に某販売店の方に気持ちが行くと
いうこと。
それだけですね。

そして、最後に触れたいことは、国・民族の文化と習慣
お金の力には驚かされる限りでしょうか。

今回もこのように徒然に思うのです。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. NEM 雑所得
  2. マイナンバー 個人番号 
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。