博多駅前の【陥没】事故 人的被害と呼ぶものはない様子! 地下鉄工事現場、博多警察署、福岡市の対応が良かったと思う!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

今回は
素直に危機管理に優れている!
と思うことです。

報道とTwitterを見て。

大きな傷害者(転倒打撲1人)
死者が出なくて良かった!

何かといえば
博多駅前の陥没事故です。

陥没事故の画像を見て

報道で流れる画像を見ると
道路に穴がポッカり。

こちらはTwitterから。


驚きましたね。
田村淳さん、近くにいたようです。

市道が陥没(数値は目安)
長さ : 約30m
幅  : 約27m
深さ : 約15m
※ Yahoo報道見て

しかも
動画の中には
徐々に崩れていくものもあります。

怖いですね。

これを見て
怖いと思わない人はいないでしょう。

また
原因は地下鉄工事現場に
水が流入との報道もありますが
詳しいことは不明の様子。


ところで
同時にすごいな!
と思うこともあるのです。

大きな傷害者、死者が出なかったこと。
(少なくても今のところ)

もちろん
この付近を歩いたり
走行したりしていた人の
機転もあるでしょう。

また
自己防衛もしっかりしていた!
と言えるでしょう。

ですが
その陥没事故に
人々を近づけないように

地下鉄工事現場、行政側の力も
大きく働いた!

・・と思うわけです。

例えば
報道を通じてのものですが

工事現場からの迅速な通報

05:15頃 工事現場は「道路陥没」と110番

地下鉄の延伸工事の中止

七隈線の延伸工事中

交通規制を行った博多警察署

交通規制5分後に陥没始まる!
陥没前に立ち入りを制限したこと。

避難所の設置

09:45頃 避難勧告し合わせて実施

スポンサードリンク

もっとも
福岡市は地下鉄工事が陥没の要因と
認めているとあります。

そのためか
対応も然るべきものでしょう。

とはいえ
一般的に行政の動きは
多くの場合、遅いと思われる中
福岡市、警察の対応は
当然とはいえ、まず良かった!

そして
現在は初動の処置は済み
人的被害と呼ぶものもない様子。

ですので、以後は
復旧をどれだけ迅速に進められるか
それに注目が集まるのでしょう。

早期に安心して過ごせる環境が
整うことを願うものです。


まずはここまで。

陥没の画像を見て驚くとともに
徒然に思うことです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 地震 トカラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。