「貧困jk」としてNHKに出演した超貧困女子高生(?)・・Twitter見ると結構世間への波紋が大きい!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
「貧困って何」に関して。

女子高生(JK)にもいろいろあるようです。
最近知ったのは「貧困JK」。

正直、そういうものもあるのか?
という感じですね。

ただ。
現在、メチャ批判を浴びているようです。

何かと言えばテレビの番組で「貧困」の中で
頑張る女子高生(JK)を描いたものがあった
のです。

ところが、放送内容で言葉にしたことと現実
が違っていた。

早い話ですね。
テレビで語るほど「貧乏じゃないじゃん」と
いうことらしいのです。

それで、視聴者の中から騒がれたというもの
ですね。

Twitter見るとすごいです。

多くのつぶやきにあることが、事実とすれば
やはりこのような波紋が起こることは致し方
なし!でしょう。

でも、放送番組を企画したのはNHKです。

なぜか、世間にさらされるは最初の頃は当該
女子校生のみ。

顔写真から住所を含む個人的なものまで。
露わにされています。

もっとも、顔と名前は番組で
明らかにされていますから。
特に問題はないのでしょう。

でも、本来はそうした世間の見方とかい離し
た番組を作った!
NHKが責めを受けるべきかと思うのです。

今のところ、NHK が女子高生の前に出て広く
あまねくの姿勢で世間に説明するなどの行為
はない様子。

この点、いささか疑問符の立ち並ぶところで
すね。

ところで、世間の見方と違うこの番組を作っ
た NHKは何を訴えたかったのでしょう。

というか、何を求めたい?

この女子高生の貧困度を強調してですね。
何か「エライなあ」という声を巻き起こした
かったのか?

結局、巻き起こしたのはヤラセ、ねつ造に対
する糾弾の声。
そうしたものしか見えませんけど。

また、この女子高生に対するもので共通して
挙がってくる批判趣旨の言葉はこれですね。

貧乏は嘘だった!

豪遊している!

本当はお金持っていた?
それはともかくも「貧乏」と叫ぶほどの状態
ではなかったようですね。

さらにはこういうものもあるようです。

共産党シンパ

これはどうして?・・とも思いますけど。
まあ、そうなのでしょう。

そして、NHK、同関係者にはこちらのものが
ありますね。

「貧困」キャンペーン
ねつ造
共産党と同じ?
NHKに騙されるな
NHKのヤラセ

もっと他にもあり、切りがないようです。

よくよく探してみるとですね。
徐々に NHKに対するものも多くなっているよ
うですね。
多くの人たちの怒りの方向性は今や明確!

何かとNHKはですね。
少なくともネットの世界から見る限り、疎ま
れるようです。

まあ、何となくにしても傲慢な印象がどこか
見え隠れするからかもしれません。

さらには、日本国内のみならず海外にもこの
話は伝わっているとあり、目を引きます。

台湾にも伝わっている様子。
こちらのつぶやきから、反響ありますね。

さらにはNHKの番組関係者と思われる名前も
挙がっています。

公共の電波を扱う人の責務を考えると致し方
ないのでしょう。

視聴者を欺いた結果のお仕置きみたいですね。

とはいえ、女子高生の高校名はじめですね。
生徒としての内容をあかしてしまう!
これはいささかやりすぎのようにも見えます。

どこかでつぶやく方々のブレーキも必要かも。
その発露の元は理解してもですね。

ということで、総じて NHKには真実あるいは
事実と呼ばれるものだけですね。
報道してもらえば良いのでしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 地震 トカラ
  2. まんじ ナチス
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。