オバマ大統領の広島訪問・・岩国から離日の慌ただしさの中・・行動力、包容力に脱帽! 核兵器のない世界への第一歩か?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。

米国のオバマ大統領に関してです。
今日はいつも以上に行動力と包容力のある方
に見えるのです。

項 目

1 米国オバマ大統領広島訪問
2 核兵器のない世界への第一歩か?

米国オバマ大統領広島訪問

2016年5月27日。
米国のオバマ米大統領が現職大統領として
広島を訪問するのです。
しかも、原爆慰霊碑に献花します。

これは日本はもとより世界が注目する出来事
でしょう。

広島への訪問は初めてとありつつも。
騒動などが起きずにオバマ大統領の悼む言葉
が表された!
これは歴史的な 1ページを飾るものに見える
のです。

献花後のスピーチは引き寄せられます。

スピーチ内容

亡くなった方々を悼むために訪れた。
あの悲惨な戦争のなかで亡くなった。
罪なき人々を追悼する。

私たちは過去の過ちを繰り返すことはない。
過去を学ぶことができるし選ぶことができる。



大統領はこれが終わった後。
被爆者と握手し対話もしたのです。

さらに原爆ドームの見学も行っています。
その後は岩国基地から専用機で離日へ。

個々についての適切な言葉を持ちません。
しかしですね。

ともかくも核兵器に関して大きな取り組みが
あらためて始まったように思えます。

核兵器のない世界への第一歩か?

まずは現状を見て、人々の声に耳を傾ける。
この姿勢は良かったでしょう。

また、一連の核兵器に対する認識をですね。
さらに一歩前に進めた!

そして、オバマ大統領は広島、長崎をはじめ
とした日本人に、さらに米国民に受容される
範囲でできることをすべて行ったように見え
るのです。

通り一遍の献花、スピーチではなく。
原爆資料館を見て、被爆者と言葉を交わす。
さらに抱擁するなどして、心のある姿を見せ
てくれた・・と。

実際の核兵器廃絶は、軍事的な存在感をそれ
に頼る国が多々あることから一朝一夕に進む
ことは適わないでしょう。

それでもですね。
多くの人々に影響を与えたと思われるのです。

また、オバマ大統領もさることながら、我が
日本の安倍総理の努力も相当なものです。

1

オバマ大統領の広島訪問 

2

オバマ大統領の原爆資料館見学 

3

オバマ大統領と被爆者の対面、握手


この一連の行動で米国側も斟酌かつ躊躇する
ものもあったことでしょう。
ともかくも日米の良き関係が今後も続くこと
を祈るのです。

今回も徒然にこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. NEM 雑所得
  2. 文春 不買
  3. 漢字 北
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。