破廉恥な新聞記者の盗撮行為 軽犯罪法 迷惑行為防止条例で天誅! 同時にむやみに 人を凝視 レンズを向けるのは要注意かも!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

破廉恥な行為で
捕まった毎日新聞記者から感じたこと。

項 目

1 盗撮
2 基本・・各都道府県には迷惑行為防止条例

スポンサードリンク

盗撮

こういう話は本当「アホだなあ」・・。
女性に関心を持つのは男であれば
仕方がないこととは思いますが

あえて盗撮とは、その先いったい何がある?

なんとなくの好奇心であっても
周辺が不愉快に感じることはやめておくべき。

ちなみに盗撮とは基本こういうものらしい。

 被写体、または対象物の管理者に了解を得ずにひそかに撮影を行うこと

(ウイキペデイア)

一般論というか、本来、こういうことはダメダメでしょう。

基本・・各都道府県に迷惑行為防止条例

いろいろとこの手の話はあるようで
そのためか抑えるための法律等もある様子。

一般的には、のぞき対処の軽犯罪法が
思い浮かびますが

特に、この類の話は各都道府県において
定める条例で対応するようです。

これがよく聞く「迷惑行為防止条例」というもの。

盗撮を抑えるための趣旨・目的としては
このようになっているようです。

 何人も
 公共の場所又は公共の乗物において
 人を著しく羞恥させ
 又は人に不安を覚えさせる行為を禁止する

・・で、これを盛り込んだ形で
該当条例の条項を作成している様子。

例えば東京都の場合
条例の名称が

 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

その中の
(粗暴行為(ぐれん隊行為等)の禁止)として

第五条

 何人も
 人に対し
 公共の場所又は公共の乗物において
 人を著しくしゆう恥させ
 又は人に不安を覚えさせるような
 卑わいな言動をしてはならない

・・と、表されています。

要するに、東京都をはじめ
各都道府県の条例において
軽犯罪法等を補完する。

あるいはそれ以上の効果を生むような
根拠があるようです。

だから、盗撮の類の行ってはいけない
・・ということではなく

(守らないとダメですけど。)

基本、人の嫌がることはしない
という気持ちで
いらぬ好奇心は抑制すべきでしょう。

むやみに、人をじーっとみたり
いわゆる凝視ということ。

そして、カメラのレンズを向けて
バシャバシャ撮るのは要注意でしょう。
気分をこわす人もいるかも・・。

ちょいと今夜はより真面目です。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 防衛大学 ブルーインパルス
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。