マイ地震メモ! 「鹿児島湾」の群発?・・3回だけど! トカラ、西表に向かうのか?(8月3日、4日)

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回は鹿児島湾の群発と思われる地震を追いかけ
てみます。
3日の午前中に起きたものですね。

と言ってもですよ。
最近は頻繁に起こるので。
多くの方は「またか」と思われるでしょうけど。

でも、何事も備えあればと言いますし、そのため
には情報というか。
現状を知るべきですよね。

ですから、拙い僕の言葉ですけど。
データ数値は由緒正しきところから、引っ張って
きていますから。
スマホで寝ころびながら見てもらえたら。

嬉しいかなと思ってチャカチャカ小まとめにして
います。
(1-2分ぐらいで、さっと現状認識できたらと。)
(このコーナーでは考えています。)

ということで、始まりの言葉はここまでにして。
本体に入ることにします。

8月1日に揺れた!と思ったら。
昨日 3日もたびたび揺れているのです。

その関連なのか。
4日はトカラ列島近海も薩摩半島西方にも揺れを
表すことに。(こちらはあとで。)

その絡みもあるのか、どうしても、桜島、開聞岳
と連なる火山の帯に目が移ってしまい。
セットで追いかけることになるのです。

それでは、鹿児島湾の地震。

8月3日の地震発生!

1 05時18分頃

 震度2 M2.6  N31.4度 / E130.6度

(深さ10km)

2 08時43分頃

 震度1 M2.0  N31.4度 / E130.6度

(深さ10km)

3 09時49分頃

 震度1 M2.3  N31.4度 / E130.6度

(深さ10km)

※ 数値は気象庁情報、NHK報道等から。

震源箇所のイメージ。

地震 鹿児島
※ 国土地理院ホームページ
(http://www.gsi.go.jp/)地理院地図加工

被害をもたらすものではないようです。
でも、過去は鹿児島湾で揺れると。
西に向かい、南に向かって。
また、戻ってくるのです。

順序不同ですけどね。

そこで、どのくらいの周期で繰り返すのか。
それも追いかけてみたいですね。

ということで、今回は鹿児島湾の地震をウオッチ!
マイメモしてみました。

今回も徒然ながらこのように。

(オワリ)

追記 4日の鹿児島県の地震

鹿児島県薩摩地方 10時05分頃

 震度1 M2.3  N31.3度 / E130.5度

(深さ10km)

薩摩半島西方沖 10時12分頃

 震度2 M3.7  N31.6度 / E129.8度

(深さ10km)

薩摩半島西方沖 10時15分頃

 震度1 M3.3  N31.5度 / E129.8度

(深さごく浅い)

トカラ列島近海 19時22分頃

 震度1 M2.7  N29.2度 / E129.4度

(深さ10km)

西表島付近 20時19分頃

 震度3 M5.3  N24.5度 / E123.6度

(深さ60km)
※ 数値は気象庁情報、NHK報道等から。

震源箇所のイメージ。

地震 鹿児島

※ 国土地理院ホームページ
(http://www.gsi.go.jp/)地理院地図加工

一連の発生した地震の位置を表すとこんな感じで
しょう。
なんとなく、南に下がっていったように見えます。

これって、もしかすると台湾に向かうか。
あるいはまた北上するように思えるのですが。

とにかく。
明日また、地震情報をウオッチしたいものです。

今回も徒然にこのように見ています。

(オワリ)



世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 日本死ね 保育士
  3. トカラ 法則
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。