8月17日もトカラ列島(小宝島周辺)地震2回! 地震と火山との関連も気になる!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
気になるところの地震メモ、今回も表します。

17日の今日ですが、トカラ列島近海で地震です。
小宝島周辺近海を震源として。
地震が3日、9日に続き発生しているのです。

トカラ列島 の群発地震

8月に入ってからは3日目ですね。
震度 1と小規模ながら「また来たか」という
感じでしょう。

以前よりは間隔が開いてきたようですね。
ただし、本日17日は朝に2回発生しています。

項 目 

1 8月17日のトカラ列島の地震
2 震源を見ると・・? 

8月17日の発生状況

ちょっと変ですけど。
今回はオカルト的な話から始めますね。
まずはこちら。
先日のスマップ解散話題から派生したものです。

解散して 6日後に地震が起こる予言話のこと。
日本全国で起こるそれぞれの地震含めて。
人々の関心を呼び集めているようです。

ともかく、地震となれば気になるものです。
そのためか、科学的根拠はないとしながらも。
解散して6日経ったら「どうなるの?」「いつ?」
なんて、指を折って数えたりする人もいたりして。

そんなこんなで、まずはきっかけが何であろうと
気になることは知りたくなる!

それが今の地震でしょう。
そして、今日はトカラ列島なのです。

目に飛び込んできたのです。トカラ列島が。

今日は鹿児島県本土から火山と呼ばれる山々。
列島と結んだ線で点在していること。
これに因果を感じ言葉を並べます。

 桜島(火山)
 開聞岳(火山)
 薩摩硫黄島(火山)
 口永良部島(火山島)
 口之島(火山島)
 中之島(火山島)
 諏訪之瀬島(火山島)

ここにある火山を並べると。
ほぼ一直線に南北に広がっているのです。

そして、トカラ列島でしばしば震源とされる海域。
そこは諏訪之瀬島南方の小宝島周辺海域です。

トカラ列島 小宝島

何か関連があるものはないか?・・と。

という感じで、気にすると。
思考の連鎖が起きるのです。

そこで、今回発生した地震とですね。
電離圏の電子数を表すTECマップで重なるもの。
関係するものはないか。
あたってみます。
が、目立つものはない様子。

ただ、重なるものがあると将来怖いことが起こる
かもしれないので、この結果は心のざわめきを鎮
めますから。
よいのです。

ということで、基本的なものを気象庁の情報から
広げてみます。

項目はこちら。

 マグニチュード(M)
 最大震度
 震源(地下)

時系列発生順です。

17日06:41

 M3.4  震度2  20km

17日06:47

 M2.9  震度1  20km

震源を見ると・・?

震源を見ると深さが 20km 。

今まで多かった 10km 程度より深いのです。
連続して発生。

 日時(頃)  震源の位置
 17日06:41  N29.2度 / E129.1度
 17日06:47  N29.2度 / E129.3度

※ 気象庁情報


ということで、17日の今日をあらためて概観する
と朝方 6時台に 2回起きたのみで収束へ。
大事に至るものではなかった様子。

火山との因果関係も取りざたされていません。
まずは安心でしょう。

ただ、関連の否定はされていないので門外漢でも
注視はしたいですね。
気になるところですから。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 北海道新幹線 北斗
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。