震源『東京湾』の地震・・12月26日は5回も! 前兆・・不明? でも、水はじめ備えはした方がいい!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

『東京湾』の地震

地震、しかも東京湾で26日は5回も発生!
今回も徒然に思うこと。

項 目

1 発生状況
2 過去はどうか?

発生状況

月並みな話ですが、地震の発生、発生後の状況を考えると、何はともあれ、水とか救護品とか、トイレットペーパーとか日々の生活に必要なものの備えはした方がよい!と、思うのです。

こんなことを話しても「わかってらい!」という反応の方が多いのですが、この年末、時期が時期ですから「ドーン」と何か起きても行政は後手に回るでしょう。

やはり、ある程度は自分でしておかないと、少なくとも安心感は得られないと、思うのですね。

そこで、今回どうしてこんなことに触れるのか言えば、26日の夜は小さいながらも地震が続いて起きたのです。
知らない方はいないと思いますけど。

でも、5回もですよ。
しかも東京湾を震源としているのです。

 26日23:21頃  東京湾でM3.4
 26日23:18頃  東京湾でM2.7
 26日23:16頃  東京湾でM2.7
 26日23:04頃  東京湾でM2.8
 26日22:12頃  東京湾でM3.1

ここに挙げた数値は目安としてピックアップしたもの。
細かい部分はいくつかの情報筋によって異なるとあります。
ですが、大事なところは、群発、気にはなりますよね。

また、ほかにこのように表されたものがあります。
並べてみましょう。

位置

北緯 35度33分
東経 139度50分

深さ

30.4km
比較的浅いでしょう。

過去はどうか?

東京湾を震源とする地震の発生回数、同日中に3回以上発生した日(過去例)をあたってみましょう。
すると、こんな感じ。

 2015年12月26日  5回
 2011年3月17日  3回
 2011年3月15日  4回
 2011年3月13日  6回
 1923年9月2日  4回

また、回数だけを見ればですよ。
今回は2011年の3月に起きた東北の大地震に次いで多いのです。

そこで東京都心部への人口集中状況を見ると、以前に比べ集中の流れは小さいとありながら、それでも多くの人達は住んでいますよね。
ですから、備えの意識と実際の行動は必要と思うのです。

さらに、東京湾で大きな地震が起きたと仮定すると、津波が隅田川などの河川を北上する?!
もし、そうなれば、河川部位も大いに気になる対象でしょう。

ともあれ、今のところ、政府主導での関係機関の動きは見られません。
したがって、当座は問題なし!安心!でしょうけど。

それでもね。
関心はせめて持ちたいものです。
起きてから、慌てないためにもですね。

まずは揺れて怖がり、徒然に思うことを並べてみました。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. メタノール 中毒
  2. バニラエア 車椅子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。