トカラ列島「小宝島」近海での地震多し! 震源深さ10km・・「諏訪之瀬島」の御岳も気になるところ?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

トカラ列島「小宝島」近海での地震多し!

今回は小宝島近海を震源とする地震の多さに思うこと。

トカラ列島 地震

項 目

1 続くトカラ列島の地震
2 直近の連続地震
3 諸説あり!
4 世間は冷静

続くトカラ列島の地震

トカラ列島小宝島近海、2日の夜、3日の朝、小さいながらも地震の発生が頻発。
特に、3日の朝は06:44頃の発生以後連続、これだけの回数はやはり異様でしょう。

気象庁情報等から次のように表されています。

震源はトカラ列島近海
〇 北緯29.2-3度
〇 東経129.1-3度
ほぼ通じて同位置周辺の様子

トカラ列島 地震

2月3日

07:48頃 震度1 M2.0
07:41頃 震度1 M1.5
07:19頃 震度2 M2.2
06:59頃 震度1 M1.6
06:56頃 震度1 M1.5
06:54頃 震度3 M2.7
06:49頃 震度1 M1.9
06:46頃 震度1 M1.9
06:44頃 震度1 M1.6

2月2日

20:00頃 震度3 M3.1

津波はなく、震源の深さは比較的浅く。
10km未満の様子。

直近の連続地震

過去に見られた同様の連続発生で、直近のものは1月22日ですね。

該当日の震源はトカラ列島近海
〇 北緯29.2-3度、
〇 東経129.1-2度
今回とほぼ同じ

1月22日

17:30頃 震度1 M1.5
17:25頃 震度1 M1.5
07:26頃 震度1 M1.4
05:23頃 震度1 M1.7
05:19頃 震度2 M1.8

※ 気象庁情報等から。

その他にも遡れば多くの発生が見られます。
基本的にこのあたりはいわゆる「地震の巣」かもしれないですね。
と言っても、そんな用語はありませんから。
そのように見えてくる!ということ。

トカラ列島 地震

諸説あり!

ともかく、今回の地震で大きな津波の発生もなく被害が報道に表れなかったことは不幸中の幸いでしょう。
そして、地震の発生は07:48頃のものを最後に以後はありません。
※ 2月3日08時30分現在

そのためか、トカラ列島、鹿児島の人々も安息の時間を取り戻したように見えます。
また、報道・ネットをザーッと見た範囲、被害が挙がっていないので、まずは安堵でしょう。

ところで、今回の地震に関しその発生に様々な憶測が広がっているようです。
その主体は「発生説と今後何が起こるか」ですね。
今現在、二つほど挙がっているようです。

一つは諏訪之瀬島の御岳(おたけ)爆発危惧!
それに合わせた、火山性地震としての見方の広がりですね。

もう一つは日本列島の南北にかかる電離層の電子密度の乱れ。

また、これらが複合的に重なったと見る向きもあって、いろいろと説を語る人が登場している様子。

ただし、見方は多様ですが憶測の域を出ないとあり、今すぐ何かが起こる心配には至らないとあって、安心でもないのですが、慌てなくてもよいのでしょう。

ともあれ、諸説ありです。

世間は冷静

そして、社会全体に目を向けると全般に平静でしょう。

地震に社会全体が慣れているのかも?
そうではないと思いますが、事実を淡々と受けて対処に頭を使う機会にはなったようです。

今一度、注意を促す効果(?)影響はあったのかもしれません。
それにしても、あらためて日本は地震の多い国!
常在地震!

備えだけは、心の準備も含めてしたいですね。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。