コインチェック、NEM(ネム)の損害補償! 顧客保護の優先姿勢はいいよね! ただ、出金サービスの再開はわかんない?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

コインチェック、損害補償するって!

今回は「いいじゃないか」って思ったこと。
NEM(ネム)の件です。

NEM(ネム)とは、これね。
New Economy Movement(新経済運動)
2015年3月発行、2017年1月 1NEM = 1YEN未満
でも、そのアト爆発的に値打ちが上がったのです。
そして、多くの人は注目、儲けの手段として。

昨日、その時の評価額で約580億円ほど、損失、損害を
出したと明らかにしたコインチェックですけど。
今日というか、昨日の遅くで、顧客に補償するとの話も
出していました。

自社の責任を感じているのでしょう。
おそらくはセキュリテイチェックの甘さをですね。

当然と言えばそのとおりでしょうけど、逃げることなく
顧客の保護に努めた姿は「よし」でありましょう。

昨日、日中の明るい段階では『顧客の保護』より『顧客
の確保』などと揶揄されていましたが、今はかなり見方
が変わったように思われます。

それで具体的に「どうするか」という話は、まだ見えて
きませんが、損失約580億円のNEM(ネム)に関しては
顧客に負担をかけずに自己資金で対応の様子。

つまり、顧客に返す前提で行動するということでしょう。
となると、今の時点、コインチェックの姿勢は「よし」
と見る人は多いかも・・。

まずは顧客を絶望の淵から拾い上げた!
そのように映りますし、最低限の望みを適えたとも見え
ますから・・ね。

一般的には、いや一般的にあってはいけないと思います
が、金銭にかかわる問題で顧客を放置、会社の関係者が
逃避行に走る印象が強いだけに。

今回は金融庁などからお叱り、指摘があるようにセキュ
リテイへの対処が甘かったとしても。
姿勢はよく見えるのです。

とはいえ、損失内容が世間に知られる前と今現在を比較
すれば、NEM(ネム)自身の持つ価値も下がったためか
顧客に戻される現金評価の金額は下がるとあります。

ですので、顧客にとって、手放しで喜べるものでもなさ
そうです。

報道で表れた数値をそのまま使用すると、昨日の午後で
は約580億円のものが、28日今朝の報道では約463億円
(時事など)でしたので、仮に現金(日本円)で戻され
るとした場合、顧客側で約120億円、泣くということで
しょう。

同時に、コインチェックは約120億円分「損害を食い止
めることができた」かと。

また、仮想通貨の売買や出金サービスの再開は、まだ先
が見えないとのこと。

でも、顧客の人たちはドツボは避けられそうなのか。
コインチェックに対して、「金返せー!」の声はあった
ようですが、必要以上に悪し様の声を向けることはない
ようです。

まずは落ち着きを持てるぐらいの納得感はあるのでしょ
う。

それにNEM(ネム)に関して、ツイッターを見ると。
大元に見えるNEM財団副代表のジェフ・マクドナルド氏
が公式声明を出したとあるのです。

NEM財団はCoinCheckを最大限に支援している

こうなると、顧客も「ぐーん」と安心感が増すでしょう。

そうなると、あとはすぐ返してもらうか。

あるいは、顧客分として「しっかり管理しますよ」と。
コインチェックが責任ある言葉と姿勢を持ってくれるの
か。特に後者であれば。
「そのまま任せておこうか」となるかも・・。

何と言っても、今、日本円で手元に戻したら、雑所得に
なるでしょうし、それで税金額も固まってきますよね。

ですから、今しばらく様子見という人もいたりして。
あとで、ワントライしてへこんでも・・ね。
国税庁・税務署はそのマイナス分を考えての税金処置は
しないでしょう。

『雑所得』に伴う税金の恐怖感から救われた人もいるでしょう。

そして、今回の流れで思うのですが、コインチェックの
対応を見て・・ですね。
結構、コインチェックは「力があるな」と思ったりもし
ます。
ともかく、かなり大きな資産を持っていると映るのです。
(顧客から集めた金額もかなりあるのでしょう。)

これで今回の騒動、原因究明の問題は残されるでしょう
けど。
仮想通貨への信頼の低下を押し止めた!
そのようにも思われますが、如何に。

ただ、一つ思うことは、顧客が「返してくれ!」と声を
上げた時、NEM(ネム)ではなく日本円を前提にしたと
思われること。

それを考えれば、やはり、まだまだ日本円の方が信頼が
高く、安心の通貨に見えるかと。

今回もこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 女性専用車両 渋谷
  2. 迎賓館 一般公開
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 皇室会議 天皇陛下
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。