テレビ、新聞も報道した方がいいね! 警察・機動隊が大阪の連帯ユニオン(関西生コン支部)家宅捜索! ツイッターでは激しい!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

連帯ユニオン(関西生コン支部)家宅捜索

今回は、普段あまり考えない分野に少々目が向いてしまいました。

警察がというか、大阪府警と奈良県警の機動隊が合同で大阪の連帯ユニオン(関西生コン支部)へ家宅捜索に入ったとあるのです。
昨日13日のことです。

ユニオン 生コン
※ このイメージはノーマルなもの、連帯ユニオンの場合は少々荒っぽい印象で映ります。

連帯ユニオン・・聞きなれない言葉ですが、「尋常ではない!」との印象は強く伝わります。
そして、朝からずーっと新聞、テレビを斜め読みながらも、報道内容を追いかけていましたが、ロックするほどの記事はない様子。

ですが、ツイッターを見ると結構激しく、この警察の動きに触れたものが多いのです。

この時点で「何なの、これ?」となってもおかしくないでしょう。

とはいえ、不思議なことに、繰り返しになりますが、テレビ、新聞の多くは、森友学園の土地取得関連でワイワイですね。

特にテレビでは昨日から、財務省の名を挙げ文書に政治家の名前が「挙がっていたぞ」と。
大きな声で発する意気軒高なコメンテーターの姿がやけに目に入りました。
(おそらく、今もそうでしょう。)

正直、素直な思いで語れば、名前が挙がるだけで「罪人に等しい扱いはどうなの?」と疑問符はつきます。

さらに、安倍明恵氏をいくら安倍首相の奥方との背景から、森友学園の籠原元理事長が「知り合いだ」「親しいんじゃー」との趣旨であちらこちらで放言したことを取り上げにしてもですよ。

悪者扱いするのはどうなんでしょう。

僕は単純かもしれませんが、いじめに映るし、嫌がらせに見えてきますよね。

もう少し、カッコつけた言葉で言えば、安倍明恵氏をこれほど実名報道し、国会招致云々と繰り返す野党援護の姿勢は「いかがなものか」と思うのです。

もしかしたら、テレビ局は『電波オークション』の導入で既得権益を失いかねない思いもあり、現在の政権をこの際、野党に便乗して叩きたいのかもしれません。
そうした思惑が透けて見えるようです。

野党
民進党、希望の党、立憲民主党、自由党、社民党、共産党

ですから、今の報道、事実の情報伝搬のあり方を考えると、既存の報道メディアはほとんど機能していないように映ります。
むしろ、ツイッターの方が見て思ったことを素直に表してくれるので、こちらの方が信ぴょう性高く見えると思うのです。

しかも、ツイッターは一方だけの言葉ではなく、複数の声が混ざっています。
その上で、様々な声である情報を選択できますからね。
逆に既存の報道メディアより優れものに映ってきます。

ということで、今朝は『連帯ユニオン(関西生コン支部)家宅捜索』で思わず『情報を得る』に関して考える機会を持ってしまいました。

ユニオン 生コン

ところで、これで今まで立憲民主党の辻本清美氏と関西生コンとのかかわり、これに合わせて社民党の福島瑞穂氏のMK運輸絡みの騒動も明らかになる!といった声もツイッターの中には見られます。
ですので、引き続きウオッチしたいもの、今後新たな変化が起きるかもしれません。

それに、森友学園の土地取得で騒ぐ報道メディアは、同時にその隣の野田中央公園の土地取得に関しても触れるべきでしょう。
こちらも辻本清美氏の関わりで真偽が浮き上がってくることを待ちたいものです。

とにかく、報道メディアが取り上げない事実をツイッターで伝わる現実があり、そして報道メディアが野党に異様なほど忖度している姿が目に入る日々がある!

これは意識すべきかと思われます。
では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 東芝 白物家電
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。