「週刊文春」砲の炸裂か・・東京都舛添要一知事の「政治資金規正法」逸脱疑惑はどうなる?釈明が聞きたい!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

お金にかかわる話が多いです。

これでパナマ文書に関わる
疑惑関連への注目が
若干和らぐ・・?

項 目

1 東京都知事舛添要一氏の疑惑
2 政治資金規正法
3 リコールの動きは激化か?

スポンサードリンク

東京都知事 舛添要一氏の疑惑

こういうことで騒がれるような方とは
思わなかったのですが

こういう人だったのか・・
と、あらためて感じ入る次第。

なんでも、家族旅行はじめ私的な飲食費に
政治資金を使ったらしいとのこと。

これはまずい!

都知事本人に
自覚があったかどうかはわかりませんけど。

ということで
早速、「週刊文春」にロックオンされ
不意を襲われた様子。

ここ数日、この話題が結構上位にあるように見えます。

政治資金規正法

お金に汚い印象度が急上昇中の舛添要一氏ですが
実際、どのあたりのことで騒がれることになったのか?

そもそもの入り口として
政治資金規正法を眺めるとこんな感じです。

第1条(目的)の要旨部分を抜粋すると
次のように

 政治団体及び公職の候補者により行われる
 政治活動が
 国民の不断の監視と批判の下に
 行われるようにするため
 政治団体の届出
 政治団体に係る政治資金の収支の公開
 並びに
 政治団体及び公職の候補者に係る
 政治資金の授受の規正
 その他の措置を講ずる

これでもわかりづらいので
もう少し丸めるとこういうことでしょう。

 政治団体に対して設立の届出
 政治資金収支報告書の提出義務

これによって

 政治資金の流れを明白にすること

また

 政治活動への寄附(政治献金)
 政治資金パーティーの制限
 株式はじめ投機的運用の禁止

・・によって

 政治資金の取り扱いを直接的に規制すること

そして
違反した場合には罰則ありとなっています。

今回の都知事 舛添要一氏の指弾内容は
政治資金の流れを明白にしていない
・・ことが該当か。

このあたりは
法律の専門家に委ねる部分かと思いますが

報道を通じて知る範囲では
収支報告書に家族で温泉ホテルに宿泊した費用を

「会議費用」と記載しているとのこと。

まずは、虚偽記載から始まるのでしょう。

そして、週刊文春の言う通りであれば
『私的流用』と言われても仕方がないかも・・。

リコールの動きは激化か?

こうしたものに加え
都知事 舛添要一氏には以前からの
様々な人々の不満を誘うものもあったようです。

例えば

 今までの多額・高額に見える海外外遊
 公用車の私的流用疑惑

さらには
新宿区の土地の貸し出しにあるような

 際立つ韓国・朝鮮半島人への傾斜姿勢

・・に見える等々。

(新宿区の土地については・・こちら

かなり強い都知事への反発もあり
その適格性を疑問視する声も。

具体的には
リコールに関する運動のようですが

既に数年前からその端緒とする
動きはあったようで
機は熟したような様相も見せている?

あとは都民が
どのように受けとめて
どのように動くかにかかっているのでしょう。

ともかく
きちっとした釈明ができるなら
して欲しいものです。

それにしても、都知事・・
なんとも「せこい」内容で

足元を滑らせた・・?

ヤフー検索窓から見た世間の関心傾向・・こちら
2016.5.14

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。