吉村洋文市長、サンフランシスコ市との姉妹都市解消は「しようがないよ」と思う! 慰安婦碑文で先人貶めは容認できないでしょ!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回は仕方ないよね!と思うこと。

実際「よいか、どうか」を問えば、今まであったものを
なくすのは「実績を失うのでもったいない」という考え
もあるでしょうけど。

でも、心の問題、先人への敬愛に触れる問題であると捉
えれば、サンフランシスコ市側の行動に納得はできない
とするのもやむを得ないかと。

そこで、こちらです。

とうとう、今日正式に大阪市の吉村洋文市長はサンフラ
ンシスコ市との姉妹都市関係を解消すると明らかに。
(朝日など24日ですね。)
姉妹都市 慰安婦
確かにサンフランシスコ側の慰安婦像と関連する碑文の
設置は、特に刻まれた文言から、決して大阪市民だけで
なく日本人全体が受け入られるものではないこと。
それはわかりますからね。

あまりにひどく、サンフランシスコ市に像などを寄贈し
た市民の悪意が伝わるものと思われるのです。

刻まれた碑文の例を取り上げて見ると。
「性奴隷にされた何十万人の女性」
「大多数は囚われの身のまま命を落とした」

これは悪意に満ちている!
公娼に過ぎなかったものを、このように扱うとは悪意以
外の何物でもないと。

ですから、今回の大阪の吉村洋文市長の姉妹関係解消と
しての対応は、同市長のみならず、多くの人々が賛同へ
至ってもおかしくはないでしょう。

また、今後の民間レベルでの交流に関しても公金を支出
する考えはないともあります。

これも当然でしょう。
何と言っても、今回のサンフランシスコ市の寄贈を受け
た慰安婦像、碑文に関しては、11人の市議全員が賛同し
エドウィン・リー市長も積極的に受け入れ文書に署名し
たとあるのですから。

であれば、いかに民間レベルでの交流と言えど、大阪市
民の税金を注いでのお付き合いは困難かと思います。

ところが、意外な勢力がいまだに吉村洋文市長に対して
解消の行動を阻害するように立ちはだかっている様子。

日本維新の会に何かと反対すると言われる大阪の自民党
公明党、共産党の面々ですね。

公明党、共産党はまだ納得するというか、反対の姿勢を
示しても、もとからそういうお立場の議員が多いと思い
ますので、常態として見なせますけど。

自民党議員はおかしく見えますよね。

政権党である自民党、日本政府側はサンフランシスコの
行いを受け難しとしているにもかかわらず。
大阪の自民党は日本政府と考えを同じとする吉村洋文市
長・日本維新の会に反対をしているのですから。

しかも、いまだサンフランシスコ市側に対話を求めてい
るとあるのです。

でも、結論は出ていますよ。
今さら「何をせよ」と言うのでしょう。

それであれば、大阪市議会がサンフランシスコ市に抗議
を行う決議案に賛同すればよかったのではないでしょう
か。

そのような思いに至るわけです。
なにか、ちぐはぐです。

とにもかくにもです。
ここはサンフランシスコ市側も同市長も含めた結論を出
しているのですから、大阪市側も吉村洋文市長の判断に
粛々と倣って動けばよいかと思うのです。

この話題は意見が多岐に分かれるでしょうけど。

今回の一連の報道を見て。
当方はこのように、では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。