シャープ・・ホンハイ外資に屈するか? 白物家電のいいとこ取り 日本政府に会社守って欲しかったな!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。
シャープさんのことについて。

とうとうシャープが外資の傘下へ。

項 目

1 シャープはホンハイへ
2 将来は未知数 

シャープはホンハイへ

来るべきものが来たということでしょうか。

仕方がないのか。
このあたりの判断は専門家のみが知るところでしょ
うけど。

これで、台湾であれ、どこであれ!
また一つ中華圏に日本の技術が流れる契機を与えて
しまったように映ります。

ザザッとあちらこちらを見るとこんな感じ。

まずはホンハイを見てみましょう。

ホンハイ

● 鴻海精密工業
● 本社 : 台湾(中華民国)台北
● 電子機器の委託生産会社企業

 スマートフォン
 テレビ等

→ ものつくり会社
→ 組み立て屋さんのような会社

特性 : 
世界の技術を手に入れる可能性がある。

● 委託企業元 

 アップル
 小米科技(シャオミ)
 ヒューレット・パッカード

等々ですね。

こちらが親です。
フォックスコン・テクノロジー・グループ
(鴻海科技集団)

いくらシャープが日本の家電業界において。
多少遅れをとった存在であったとしてもですね。

今の『白物家電』の世界で、どこが上というような
技術的な優位性は感じられないでしょう。

技術の水準はどのメーカーもですね。
飽和状態に達していると思いますから。

つまり技術的には。
少なくとも『白物家電』の範疇において。
有名であろうとなかろうと、どの会社・企業の生産
品も同様ということですね。

ですから、どうして、ソコソコ技術のある会社を。
日本人が作り上げた技術をですね。
中華圏に流れることになるのか?

もったいない!

政治家には日本の技術を守ること!
これを考えて欲しかった思いがありますね。

もちろん、視点を変えればですね。
ある意味このホンハイがどうしようもないシャープ
を救ってくれた面はあるでしょう。

でも、考えないといけないのはこのホンハイは慈善
事業団体ではないのです。
シャープを傘下におさめることで十分な利点がある
とした行為。

それは確かでしょう。
ビジネス、商売の一環ですから。

適当に、チューチューとストローでいいとこ取りさ
れて、出し殻だけのようなシャープが残らないこと。
それを祈りたいところでしょうか。

スポンサードリンク

将来は未知数

僕自身の考えるレベルではたいしたことは言えない
とわかりながらもですね。
しつこく、もう一度言葉にすると。
日本の『白物家電』業界の技術は最高と思うのです。

でも、その技術も飽和の域に達し、日本市場も飽和
しているのでしょう。
それは何となくでも、量販店に行けば察するものが
あります。
だから閉塞感が生まれた?

しかし、これだけはまだ言えると思うのです。
中国や東南アジアに対し技術はまだ優位性があるの
ではないかと。
なのに大陸へ技術の橋渡しを行うようなホンハイの
傘下にシャープを入れてよかったのか?

残った日本の家電業界、日本の経済によからぬ影響
が出なければと思うのです。

とにかく、今も未知数、将来も未知数、これを理解
するばかり。
それだけに将来のブーメラン効果の未知数がですね。
とても怖い感じ!

ホンハイの親と呼べる「鴻海科技集団」は電子部品
機器のサプライチェーンをがっちり作っている!
と思われますから。

そして、存在が大きく見えることに加えて。
その元である工場が多く大陸に展開していること。
こちらも気になります。

ということで、偏狭?と思いながらも。
言葉を並べてしまうのです。

今回も徒然ながらこのように、では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 松前 北朝鮮
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。