日本共産党「防衛費は人を殺す予算」について選挙協力の民進党はどうする? 自民党は「民進党が共産党化」のようにコメント!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



今回は共産党の主張について徒然に思うこと。

項 目

1 プロローグ
2 日本共産党政策委員長の発言
3 自民党と民進党の反応

スポンサードリンク

プロローグ

日本共産党の国会議員の

 防衛費は
 人を殺す予算

という発言から。

余韻があるというのか、なかなか、この話題
消えそうもありません。

内容が「人を殺す」ですからね。
穏当な表現ではないでしょう。

ただ、日本共産党はこの「人を殺す」表現が
お好きなようにも見えます。

ちょうど半年ほど前、昨年の暮れのころです。

場所は埼玉県上尾市、同市の市議会で
日本共産党の市議会議員が陸上自衛隊の
高等工科学校を貶める発言をしています。

 人を殺す練習を
 している学校

と発言。

その日の報道、ネットでは冬なのに
熱く扱われていたことを思いだします。

同根でしょうか?
日本共産党・・やはり怖い政党です。

日本共産党政策委員長の発言から

この問題発言は6月26日に放送されたNHKの
番組「参院選特集」討論で生じたものです。

日本共産党の政策委員長である藤野保史氏が
防衛費に関して

 防衛費は
 人を殺す予算

と言葉にしたのです。

自民党、公明党から発言の訂正を求められて
いたようですが・・無視!

また、その場で

 自民 稲田朋美 氏
 日本を守るためだから

また

公明 石田祝稔 氏
 発言を撤回すべき

と言葉にしているにもかかわらず
応ずることなし。

番組中での訂正はなかった様子。

アトで騒ぎが大きくなったためか「赤旗」
あるいはTwitter内の個人のアカウントにて
発言撤回趣旨の言葉ありのようですけど。

自発的なものというよりは参議院選挙に
悪影響が出ると見た日本共産党の上層部が
火消しに走ったようにも見えます。

それにしても、日本共産党のこの国会議員
役職は政策委員長でした。

過去形なのは発言が問題化したアトで
辞職してしまったのですね。

とはいえ、発言時は立派な政策委員長です。

当然、個人の考えより日本共産党の本音
本質・・と見て良いのでしょう。

他にも日本共産党は安倍総理の顔写真を
太鼓に張り付けてそれを叩いて見せたり

何かと幼稚な感じがします。

しかしながら、言葉は残忍な表現を好む
ようなので、やはり革命思想の放棄は
していないのでしょう。

怖い感じはあります。

自民党と民進党の反応

ところで、自民党に対抗し参議院選挙の協力
体制を持つ日本共産党と民進党の方向性を
見ると・・変!

自民党安倍総理の青森県八戸市での街頭演説。

 民進党は共産党
 みたい・・

と言葉にしているとおり。

当然でしょう。

日本共産党の藤野保史氏による

 防衛費は
 人を殺す予算

と発言した件について、民進党は何も言わず
ほぼダンマリを決め込んでいることに対し
てのこと。

これは、安倍総理のみならぬ多くの国民が
不快感を持っているのでは?

そして、安倍総理の街頭演説での発言はごく
自然な発露でしょう。

とにかく、民進党はダンマリオブザーバーに
映って見えるわけですから。

しかし、民進党としては言い分はある?

共産党と選挙協力しているし、地方によって
応援も受けている・・と。

だから「ゴメン・・」
「共産党に借りがある、何も言えないよ!」

「国民の皆さん」
「今回の発言聞かなかったことにするので」

「勘弁して」ぐらいかもしれないです。

もしそうならば・・
いや、民進党党首のお顔から・・
おそらくそうでしょう。

何か暗い!

そう、民進党と共産党のこういう点が
明るく見えないところ。

何はともあれ、安倍総理も思惑アリの
街頭演説でしょうけど。

多くの人も合点の行くところ!

徒然ながらも思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. ユニオン 生コン
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。