たばこ税、上げる? 紙巻きたばこは少々上げても、加熱式まで増税する? 健康増進での区別化できず、流行んないよね!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回はちょっと気になる話題、たばこへの増税に関して!

僕は、今、タボコはやりませんから。
人が語るのを耳に入れても、どこか涼しい顔をして。
「関係ないよ!」と思っているわけですが。

ただ、内容を聞いていると、結構大きな増税になりそう
ですね。

今より一本当たり三円上げたいようですね。
国というか、政府は。

しかも2019年消費税を上げるので、その時期は避けて
2018年、2020年、2021年の三年間でそれぞれ一円ずつ
上げていく算段の様子。

ちなみに、現在一本当たり、12.2円とあります。

何というか、政府というよりも財務省、しっかり愛煙家
とたばこの葉っぱを作る農家さんを刺激しまくり状態の
ようです。

上げれば増収というか、税金が増えるという考え方も。
短絡的に見えるのですが、どうでしょうね。

タバコを止める人が増えるのであれば。
それはそれでよいのかもしれませんが、でも税金を多く
取りたい方向性には合致しませんよね。

僕は決して、たばこを多くの人にですね。
吸って欲しい願望はありません。
が、税金を多く取りたいとする財務省の考えに関して。
このやり方では上手くいかないと思うのです。

税収が落ち込んでは、国全体で税金を確保する考えと相
反するでしょう。
要は上げ幅をほどほどにしないと、ダメではないかと。
それが言いたいだけ。

それに、もし税収はともかく、健康増進して医療費軽減
を図りたいとする!
もっと高邁な思いがあるのであれば。

紙巻きたばこと加熱式のそれとの税金のかけ方を区別化
差別化すべきでしょう。

同じでは、というか、その差を開けておかないと。
もちろん、加熱式への税率を低くしてですね。
対応しないと。
紙巻きたばこからの離脱者は増えないでしょう。

そのように思うのです。

それぐらいしないと、紙巻きたばこの副流煙とか。
喫煙者のみならず、傍にいる人への影響への対処はでき
ないでしょう。

たばこ税 加熱式

という感じで、いろいろと考えますが、今後、政治家の
皆さんがどのように行動するのか。
よく見て。
軽減税率導入時の補完として税確保の一環で終わるのか。
注視ですね。

今回も徒然ながら、このように思うのです。

では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松江 フォーゲル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。