猫侍は承知! そして・・ニャンモナイトはじめ飛び猫も? とにかく猫の人気は高い!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
猫に関して・・。

猫ですけど。
野良猫はよく見かけます。
そして、彼らに餌を与える人も。

そのあと、どうなるのかな?
と、時々気になりますけど。

それはさておき、猫の人気が高いそうです。

項 目

1 猫人気!
2 ニャンモナイト 飛び猫

猫人気!

今、静かに猫人気らしいのです。
しかも、男の側というか男性側からその人気は
出ているとあります。

不思議と思いながらも人それぞれですからね。
当方自身を基準に考えてはいけません。
としつつ、近くを走りまわっている猫を見ます。

でも、野良猫はどうか?
もっとも子猫は可愛いですけど。

何はともあれ、今回は猫に関心を向けます。

そこでいろいろと猫人気に関わる用語を集めて
みるとこういうものがあります。

まずは上位ですね。
「ニャンモナイト」と「飛び猫」。

そして、中ほどで周辺がよく知るドラマ。
「猫侍」が上がってきますね。

でも、これ当方がちょっと関心あるので簡単に
表してみます。

猫侍

幕末を舞台にして浪人の呼び名「まだら鬼」の
斑目久太郎が困窮生活で猫斬りの依頼を受けて
始まる時代劇

番組紹介みたいですけど。
これも猫の一環として続けます。

斑目久太郎:北村一輝さん

こんな感じで猫ブームが起きているのでしょう。

続いて、ニャンモナイトと飛び猫をあたること
にします。

ニャンモナイト 飛び猫

ニャンモナイト 飛び猫

寒い時期になると猫が丸まっている姿がアンモ
ナイトに似ている。

それから「ニャンモナイト」と呼ぶそうです。
それだけのことと言えば、それまでですが結構
人気があるようです。

さらに「アンモニャイト」の別名も持つのです。

聞いているうちに「ニャンモ」でも「アンモ」
でもどちらでもいいかな!
と思ったりもします。
が、それはともかくもですね。

画像をいくつか目にすると可愛い!
それは間違いないでしょう。

以前から猫は人につくより家につく!
と、聞いていましたのでどこか犬より忠誠心が
欠ける生き物という印象、感じでした。

でもですね。
今回、猫に関していろいろとあたると「ニャン
モナイト」はじめ猫に関すること。
とてもGoodです。

と、いささかHighな気分で、続く「飛び猫」に
向かいます。
こちらは写真家の五十嵐健太さんが出発点のよ
うです。

「飛び猫」

五十嵐健太さんの写真を拝見します。
なるほど。
猫が軽快にジャンプを決めているものが多いの
です。

そして、このジャンプがモチーフのようです。

しかし、「ニャンモナイト」、この「飛び猫」
といい世の男性陣にどのような点から人気を
博するようになったのか?

不思議です。

ですが、Twitterを見ると参考になる意見。
これが溢れています。

一番多いのはこちら。

『癒し』

こちらが上がって来るのです。
どうも最近の男性の中には癒しは彼女。
あるいは奥様、家族に求めるものではなく!
アニマル君のようですね。

ともかくも、猫。
不思議な感じもありますが猫の可愛いところが
よいとのこと。

他にもですね。
「のせ猫」と呼ばれるものもありますし。
頭の上に何か載っかているだけですけど。

でも、癒してくれるのが猫であってもですね。
当人が心に充足感を持てるのであれば、十分で
しょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SMAP 地震
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。