【イグノーベル賞】・・笑ってはいけないが笑える! 2016年もフォルクスワーゲンはじめ日本人も含め目白押しらしい!

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。
面白い賞に関して。

ふと、韓国のアオコの発生の記事。
これで電気を起こす話を聞いたのです。
突飛でしょう。

これ、内輪で盛り上がったイグノーベル賞。
あるのですね。
こういう賞が。

ノーベル賞の反意語とも言えるイグノーベル賞。

ウイキペデイアをはじめいくつかを見渡すと。
こんな感じで表されています。

ノーベル賞へのパロディーとして作られた!
とあるのです。

イグノーベル賞

1991年創設。
人々を笑わせ、考えさせてくれる研究、社会に
余計な影響を与えた人物・国等への皮肉とあり
ます。


毎年テーマがあるとされ、数は多くないものの
10個程度の賞が準備されている様子。

中でも、本家本元のノーベル賞を皮肉っている
のか。
あるいは冗談のつもりか。
(賞そのものが冗談と思われますけど。)

いくつかの参考文献(?)を見ると。
そのノーベル賞と同じカテゴリー区分に属する
ものもあるのです。

また、「生物学賞」「心理学賞」「昆虫学賞」
等々の独自性の高いものもあります。

では、具体的にどのようなものがあるかピック
アップしてみます。

中には素直にこれ凄いじゃない!と思えるもの
も含まれ、驚きを感じるものもあります。
が、ほとんどは笑いでしょうね。

まずは2016年の最新のものから。

2016

 【化学賞】
 テストは自動で排出物減少
 過剰な汚染物質の問題解決

これはフォルクスワーゲン社の2015年検査時に
役立つインチキソフト。

これを指しているのでしょう。

普通に走行している時は環境基準そっちのけで
大量の汚染物質を吐き出すのにいざ排ガス試験
時には気を利かしたソフトが汚染物質を減らし
た形で機能するわけです。

これへの強烈な皮肉でしょう。

他にもこういうものアリ。

2016

 【知覚賞】
 体をかがめて
 両脚の間から物を見て
 その異なりの調査

これは日本人のようですね。

2016

 【心理学賞】
 嘘つきに
 どの程度の頻度で
 嘘をつくか質問
 その信頼度の研究

これは補足するとですね。
1,000人の嘘つきたちにどの程度の頻度で嘘を
つくか、質問したようです。

そして、その答えが信頼に値するものかどうか
それを決めるような研究とあるのです。

笑えるでしょう。

他にもいっぱいあるのです。
過去ではこういうものアリます。

1998

 【平和賞】
 度を越して原子爆弾を
 平和的に爆発させたこと

2006

 【鳥類学賞】
 なぜキツツキは
 頭痛をしないか研究・解説

2007

 【物理学賞】
 シーツに皺がよる仕組みを
 理論的に解き明かしたこと

2007

 【化学賞】
 牛の糞から
 バニラの香りと
 味物質(バニリン)抽出

2010

 【医学賞】
 ジェットコースターを利用
 ぜんそく症状の治療を
 見出したこと

2011

 【生理学賞】
 アカアシガメの
 あくびの研究
 あくびの伝染なしと結論

2011

 【化学賞】
 緊急時に役立つ
 わさび警報装置の開発

2013

 【医学賞】
 心臓移植手術受けのマウスに
 オペラを聴かせた効果評価

2015

 【化学賞】
 ゆで卵を部分的に生卵へ
 化学的手法の発明

※ ウイキペデイアから

皮肉を込めたもの、笑いを誘うものとですね。
数多(あまた)あります。

誰が行い誰が受賞したことよりもこういう研究
が行われていた!
あるいは皮肉ることが面白いのでしょう。

秋の夜長に軽くアルコールを含みながらですね。
目を通すにはちょうどお手頃感アリ!
そういうものがいっぱいのようです。

なお、日本人も10年連続受賞とのこと。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。