函館・・はこだて赤レンガのクリスマスファンタジー2015! ツリーのイルミネーションの期待で溢れる?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
こちらも赤レンガに関して。

まだ、ちょっと先ですけど。
函館のクリスマスがいいな!・・と思った話。

項目

1 函館 クリスマスファンタジー
2 Hakodate Christmas Fantasy 2014
3 2015はどう?

函館 クリスマスファンタジー

赤レンガと言えば横浜が有名と言われますけど。
こちらもなかなかのものなのです。
函館、見ごたえのある赤レンガ倉庫群があるの
です。

函館 ファンタジー

この赤レンガ群の中で冷たい風が強くなる頃。
行われるのがこれですね。
クリスマスファンタジー!

昨年も行ってきましたが今年も行うとのこと。
年末に向かっての楽しみがひとつ増えます。

ということで、この函館の赤レンガの街で織り
成される光の祭典に触れてみます。

Hakodate Christmas Fantasy 2014

2014ではキャッチフレーズどおりですね。
カナダのハリファックスから来た!
大きなもみの木のイルミネーションの輝きです。

今年も、同様でしょうか。
楽しみなところです。

ちなみに、2014年の姿はこちらのとおり。

これは12月20日前後、爆弾低気圧が過ぎるか。
どうか。
そのぐらいの頃だったと思いますね。

函館駅から港に向かって10分ほどやや大きめ
の道を進みます。

函館 ファンタジー

夜になるとこういう姿もちらほら!
昼とは異なる様子。
あたりまえですが暗いですからね。

函館 ファンタジー

そして、小路に入ると広場に繋がります。
函館 ファンタジー

広場を抜けさらに港の縁に近づくと見えました。
大きいです。

函館 ファンタジー

毎日、点灯式はあるとのお話。
この日も17:30過ぎには多くの人が集まります。

その前にコーラスも入って気分が高揚する感じ!

函館 ファンタジー

この日は花火も打ちあがります。

函館 ファンタジー

また、赤レンガ街を歩くとこういうイルミも。
函館 ファンタジー

光がいっぱいですね。

確かに、ファンタジー、光の強調です。
高揚感に包まれるでしょう。

赤レンガの倉庫の中には食事ができるところも
あるのです。
オルゴールをはじめ様々なショップがあるので
暖を取りつつ店内を眺めるのも時間の過ごし方
でしょう。

のんびりした時間を過ごすにはよいところです。

函館 ファンタジー

ビアホールもありますからこれもよしですね。

2015はどう?

リーフレットを見るとですね。
2015年の予定はこんな感じ。

期間

11月28日(土)-12月25日(金)

・ オープニングセレモニー
11月28日(土)17:45-

・ エブリディセレモニー
11月29日(日)-12月22日(火)18:00-

・ ファンタスティック・イブ
12月23日(水)-24日(木)18:00-

・ クリスマスナイトセレモニー
12月25日(金)18:00-20:00

ツリーのイルミネーション点灯時間

・ 基本
16:30-17:45 18:00-翌日00:00

・ 11月28日
18:00から

・ 金・土及び12月22日-25日
 翌日02:00まで

場所

赤レンガ倉庫群前海上

函館 ファンタジー

今回も徒然にこのように夢想するのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 小惑星 2015TB145
  2. モネ 睡蓮
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。