横浜赤レンガのクリスマスマーケット!今年(2015)も期待したいね!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回は柄にもなくこういうもの。
クリスマスマーケットに関して。

まだ、公式発表はまだです!
(10月14日ではまだ早いですね。)
そう思いつつもチョコチョコと見ているのです。
追記 一番下部に2015情報を加えました。

この季節になるとですね。
徐々に気分も高揚、テンションも上がってくる
方も多くなると思うのです。

いえ、もちろん、当方も同じですね。
まだ、公式発表はされていません。
ですので、あるともないとも言えないところ。

ただ、巷では非公式ながらもです。
「今年もやるんじゃないの!」なんて声があり
ますからね。

確定したかのように語る方もいるのです。

ということで、それならば。
「今年も期待していいのね!」言わんばかりに
今まで目にしたものから。

ちょいと気分はですね。
先取りで期待の思いを連ねてみましょう。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ

それでは、今まではどうだったのか。
ちょっとだけふり返ってみましょう。

赤レンガの街並に進みましょう。

クリスマス 赤レンガ

やはり、赤レンガの建物、落ち着きあります。
どっしり感?
ベイブリッジが遠目に入ります。

クリスマス 赤レンガ

会場のセットの上に可愛いお人形のオブジェが
並んでいます。

クリスマス 赤レンガ

広場の中は、人がいっぱい。
熱気を感じます。
寒い季節ですけど、瞬間、瞬間ですね。

セットの一部はドイツから持ってきたとか。
お話を聞いたことがあります。

ほどなく、スノーマンが出迎えてくれるのです。

クリスマス 赤レンガ

続いて、屋根のお人形さんも次々と迎え入れて
くれます。

クリスマス 赤レンガ

気分は上々。

クリスマス 赤レンガ

ツリーは大きいですよ。

クリスマス 赤レンガ

赤レンガ建物のガラスにツリーが映えます。

クリスマス 赤レンガ

催し物があるのか。
あちらこちらで歓声が聞こえていましたね。
確かスケートリンクもあります。

でも、夜の方がきれいなことは言うまでもあり
ません。
ちょいと、気になりました。
お人形さんをズームアップ!
ドイツって、ルターですよね。
確か新教のキリスト教。

クリスマス 赤レンガ

まあ、何でも構いません。
ですから、すぐに難しいことを考えるのはやめ
ました。

散歩してですね。
ちょっとした腹ごしらえをしたら、これですよ。

クリスマス 赤レンガ

とにかく、ホットワイン! いいですね。

公式発表はまだですが

今年もこんな感じ。
いやそれ以上のテンションの高い空間を楽しみ
にしています。
でも、まだ、公式発表はまだなんですね。

期待値大の先行です。
先走りましたが気持ちはどんどん膨らむのです。

2015年も 2014年とベースは変わらないと思い
ますが公式発表が出たらリメイクしますね。

2015 クリスマスマーケット

期間

11月28日(土)-12月25日(金)11:00-22:00
(ライトアップ)16:00-22:00

場所

横浜赤レンガ倉庫イベント広場

主催

横浜赤レンガ倉庫

後援

ドイツ連邦共和国大使館等

※ 出自 横浜赤レンガ倉庫

こういうものもあるようです。
テディベアぬいぐるみ。
そして、ドイツの伝統的ジオラマ『クリッペ』
の展示等もあるようです。
連れは喜んでいます。

27日(金)ライトアップセレモニーがあると
聞きました。
が、残念ながら見に行けなかったです。

ということです。
またチェックしたいものです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。