【小惑星衝突】は怖いです! 最近は2016年3月「2013TX68」! ハロウィン時期の昨年10月「2015TB145」!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
何度目かの小惑星衝突に関して。

パラパラっとですね。
めくった宇宙の不思議に関する読本から。

その中に出てきたのがよく聞く、小惑星の地球
への衝突予測です。

結論はですね。
現在の宇宙を解明する技術力から見れば衝突の
可能性のあるものはないようです。

でも、何事にも絶対はないのです。
ですから時代が進むにつれ新たな脅威が生じる!
その怖れはあると見た方が良いのでしょう。

卑近な例では今年2016年の 3月です。
小惑星が地球に衝突か?なんて話がありました。

その名はこちら。

2013 TX68

ただ、結論は衝突せず。
3月5日に無事?・・通り過ぎてくれました。

よかったですね。

そこで、せっかくひも解いたので2013 TX68の
スペック?スペックじゃないですね。

ともかくですね。
細かいものを拾うとこういうものが出てきます

飛来前の地球との最接近距離はこの程度らしい。

1万7700km

つまり、このように予測していた!
実際はこれより離れていたようです。

それでも地球と月との距離が約38万4400 km
ですから。
かなり近いところを飛んで行ったのでしょう。

また、2015年10月31日は2015TB145ですね。
これは同年10月に発見されたものです。
かなり間近になって発見されて、話題になりま
した。

こちらも衝突云々となり、ずいぶんにぎやかに
取り上げられました。

ただ、ハロウィン時期に重なったこともあって
衝突しない予測が高まるとお祭り騒ぎの感じで
世間は受け止めていたようです。

それも致し方がないでしょう。
近づくとは言いながらも地球から見て約50万km。
地球と月の距離の最長時の1.3倍ですから。

要するに結構距離があったということですね。

ちなみにISS(交際宇宙ステーション)は
高度 約400kmです。

こういう感じですから。
小惑星衝突の話はどちらかというとお祭り騒ぎ!
その材料へ変わっていくようです。
凡人の当方から見るとですね。

ところで、話戻して肝心の小惑星衝突です。

この場合の小惑星はですね。
小惑星帯に存在する小さなものから準惑星並み
のものまで含んで考えるようです。

最近はニビルとか惑星 Xなんてものも。
これに含まれていますね。

いずれにしても程度の違いはあってもです。
地球へのダメージはかなり大きい!
それは間違いない様子。

まあ、何と言っても衝突です。
colloisionですから。

恐竜の絶滅もユカタン半島に落下した小惑星が
原因とのこと。
上空から見るとですね。
大きなクレーター跡が今でもわかる!
と言われますから。

そこで、Twitter内を駆け巡るとわかりやすい
イメージ図があるのでピックアップします。


※ つぶやき内にあるブログに飛ぶと興味深いです。

ともかく、現実にこういう事象が起こると。
注意しようがないので基本的にダメですけど。

でも、今のところ地球に疫病神のような小惑星。
それは来ないようですからご安心を!

ということで、季節も秋。
夜長で夜空を見上げる時間も増えるかも。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石油元売 業転玉
  2. 世相 雑学
  3. ハロウィーン 小惑星
  4. しお顔 しょうゆ顔
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。