北朝鮮の漁船、日本海大和堆付近で密漁の帰りに転覆漂流か? 海上保安庁捜索へ! ただ、工作員上陸の可能性も排除できずか?

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回は朝から続いて北朝鮮に関して。
二件目です。

まずは、密漁にしても、侵入にしても『懲りない』と感
じます。

では、あらましを見るとこのとおり。
能登半島沖、約360km離れた海上で、北朝鮮の小型船舶
が転覆したとあります。

イメージ図。

北朝鮮 漁船

海上保安庁の第9管区海上保安本部が対応しているので
しょう。
同本部の名が入った報道が見られますから。

ところで、お昼過ぎ現在の今、生存者は3人の様子。
ただし、乗っていた人数は15人との話もありますから。
引き算した12人はどうしたのか、気になるところ。

もっとも、すでに4隻の巡視船が捜索中ともあります。

また、船が小さいこと、3名が北朝鮮に帰りたいと申し
出たことから、北朝鮮の船舶と判断、そして彼等の目的
ですが、単純に日本海の浅い海域の大和堆で漁を行って
いたと見ている様子。

まあ、そのように報道から映るわけです。

ですから、スルメイカ漁の帰りと見なすのが妥当とも思
われますが。
要するに密漁船として。

とはいえ、そう考えて、救助したあと。
素直に帰すとなると。
「また来るね!」と思いますけど。
どうなんでしょう。

ここはシッカリお仕置きで、労働を課すとかしないので
しょうか。

このあたりは海上保安庁始めの専門家の眼力による?
こちらに期待するしかないとは思いますが。

一方、15人乗っていたとの話があって、ゴッソリ抜けて
いる現状から「もしかしたら」との思いも浮かびます。

悪天候での漁業を装った、工作員の日本侵入。
これも考えられるでしょう。

政府始め、関係機関は注意深く、ことに当たってもらい
たいですね。

今回も徒然ながらこのように。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ムヒカ 来日
  2. 板門店 南北会談
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。