ホセ・ムヒカ氏(ウルグアイ元大統領) 4月5日来日 「世界でいちばん貧しい大統領」の絵本の人! 魅力大!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ウルグアイの元大統領が来日へ!

こんにちは、今、大きな話題は米国の大統領選挙の行方。
ですが、大統領もいろいろ。
大統領は米国だけではないのです。

世界には他に個性ある大統領、あるいは大統領であった
人を見つけることができるようです。
その一人が「世界でいちばん貧しい大統領」として日本
では知られるホセ・ムヒカ氏。

ということで、今回はウルグアイの元大統領が来日する!
と聞きましたので、ちょっと当たってみます。 

項 目

1 ホセ・ムヒカ氏 
2 4月に日本訪問

ホセ・ムヒカ氏

それではホセ・ムヒカ氏のあらましから。

この方、大統領在任中時から世界の多くの大統領と比較
すると。
生活に極力お金をかけることをしないと言われている方
です。
いわゆる清貧な人物として知られているのです。

よく伝わる話では、大統領として受ける給与の大半を貧
しい人々に与えたり、古い愛車を自ら運転したり、自身
の農場で質素に暮らしていることでしょう。

そのため、印象からか、国民に親しまれ慕われていると
あります。

一方、過去歴から左翼の政治家であり、同時に中道政策
を目指す人物とも表されています。

基本的に穏健な政治家なんでしょう。

ところで、正しいお名前はこちら。
ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノですね。

長い名前ですが、ご先祖様がスペインのバスク地方出身
のため、その流れもあってとか。

1935年、ウルグアイの首都モンテビデオで誕生。
幼少期は極貧の生活で育ったとありますから、何か心に
期するものを幼い時から持っていたのかもしれません。

1960年代の青年期は極左グループに関わっていたとあり
ますから・・ね。
さらにゲリラでの闘争活動の経験を持つともあります。
革命戦士、闘士なのでしょう。

結果、刑務所で服役することも。
ですが、そのあと再び社会復帰、政治活動を行っていま
す。
1995年には下院議員選挙で初当選へ。

ここで、ウルグアイの政治家として、歩き始めます。
さらに2005年、主に農業と牧畜を担当する農牧水産相へ
就任。
この頃に、閣僚経験を重ねたとあります。

その後は 2009年11月に大統領選挙で勝利。
第40代大統領(2010年3月~2015年2月)となって任期
を務めたわけです。

ともあれ、清貧な生活ゆえ現職時代も含め、現在は世界
でいちばん貧しい大統領として、知られるに至ったので
しょう。

ただ、貧しいとの表現は正確ではないかもしれません。
大統領時代も給与は頂戴していたようですから。
むしろ贅沢をしない倹約的な生活をしてきた人物と捉え
た方がよさそうです。

ちなみにツイッターを見ると。
ウルグアイ国民から『ペペ』と呼ばれています。
愛称?
何であれ、慕われているのでしょう。

スポンサードリンク

4月に日本訪問

ところで、絵本が出ていることは以前から承知していま
したが、今回は来日の話もあって、大きく取り上げられ
たようです。

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ [ ホセ・ムヒカ ]


そして、今回は絵本と関係なく。
自叙伝的な著書刊行のため、宣伝の意図もあっての来日
の様子。
それがこちらですね。
『ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領』の刊行
(3月25日)かと。

ホセ・ムヒカ世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫) [ アンドレス・ダンサ ]


また、来日期間はいくつかの報道を通じてみると。
4月5日から12日となっています。

さらに、報道やネットを見ると。
言い切ってはいませんが、都内の大学で講演を行うとも
あります。

人気がある方です。
来日時はあちらこちらで、報道メディアに取り上げられ
るのでしょう。

それにしても元気、頑丈な方に映りますね。
今、齢80歳と聞きますから。

ということで、感動をもたらすかもしれない方の来日の
話題を取り上げてみました。

今回も徒然ながらこのように。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 米韓演習 ウルチフリーダム
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。