一人の小市民から見た日中韓サミット・日中と日韓首脳会談・・アングラ的な話題から考えてみる!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
今話題の首脳会談に関して。

日韓 首脳会談

日中韓どうなるのでしょう。
結局、大陸側の面子に押しきられるのでしょうか。

とにかく、一連の日中韓の会談が終わりました。

今、報道・メディアの多くは『信頼関係構築へ』
との方向性を強調しています。

実際はどうでしょうね。
アングラ的に面白いというか。
「へえー!」というような興味深い内容も世間に
出回っているようですが。

これだけ高位の人たちのことです。
ネットを見ただけでは、報道ベース以上のものは
見つかりませんから。

興味深い話に出会っても信憑性はいかほどか。
つかみきれないと言ったところでしょうか。

日中首脳会談の場合

たとえば、11月1日の夜の日中首脳会談。
ここでは中国が会談の場所を李首相の宿泊ホテル
(ホテル新羅)にすることで最後まで粘ったとの
こと。

(李首相 : 李克強)

結果、新羅ホテルになったとあります。


続いて。

日韓首脳会談の場合

2日の日韓首脳会談の事前折衝。
ここでは韓国が朴大統領主催の昼食会に安倍首相
を招待することを条件に「慰安婦問題」での日本の
譲歩を求めたともあります。

というように。
本会議あるいは本会談の裏で虚虚実実の駆け引き
があったようですね。

ただ、いずれも仕掛け人は中国と韓国の様子。
さもありなんという雰囲気を醸しだします。

それにしてもですね。
こうした話が出回っているにもかかわらず。
『信頼関係構築へ』
この言葉を前に出せるものでしょうか?

当方のような小市民でも「ホント」と思うのです。
そこで、思い出した韓国のことわざです。
こちらです。

『泣く子は餅を一つ余計もらえる。』

親にはおとなしい子供より泣き叫ぶ子供!
こちらに手間がかかる。
このことから泣いた方が構ってもらえるから。
得との感覚になったようです。

日本では、まず受け入れられない言葉でしょう。
これは「ゴネ得まかり通る」という話ですから。
ことわざとしても成立しない!

話は、ちょっと違う方向に飛びましたけど。

とにかく、中国、韓国ともに。
各々の主張が通るまで。
主張を続けるでしょうから。

日本側の思いが通ることはない?
と思ってしまうのです。

もし、日本が折れてもさらに次の手が伸びてくる!
そのような気がします。
考えすぎでしょうか!

何と言っても、中国と韓国は大陸側の国です。
歴史的な関わりの深さは、日本がそれぞれの国と
過去に持つ。
それ以上のものを持っているでしょう。

日韓 首脳会談

ということで、日中韓サミットと各首脳会談。
ちょっと考えてみました。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岸田外務大臣 慰安婦
  2. ムヒカ 来日
  3. 板門店 南北会談
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。