アスタナっていうと今はバレエが頭に浮かぶけど・・街並みがとても素敵! 2017年のEXPO開催地!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
アスタナに関して。

アスタナって語るとですね。
今はバレエの話が多いようです。

カザフスタンのアスタナバレエ団が来日公演する
予定がありますから。

10月5日(木)東京文化会館
10月7日(土)新宿文化センター

ですが、合わせて語ると来年の2017年。
万国博覧会(EXPO)が開かれるところでもあるの
です。

会期 : 2017年6月10日~9月10日

そのためか、最近、徐々に名前が浸透しつつあり
ますね。

時折、中央アジアの地図を広げて、どのあたり?
と見ている人もいますから。

カザフスタンって、どちらかというとですね。
お顔は日本人に似ているというか。
モンゴルっぽいから親近感を持ちやすい!
それかもしれません。

また、旧ソ連の一つの共和国であったこともあり
ロシアの影響を受けやすい。
また、中国からも何かとものを言われやすい位置
にあるようです。

そのためか、両国のはざまで苦労している?
そのようにも見えますね。

ただし、資源はガッツリ持っている国ですから。
将来性のある有望な国と言えるでしょう。

日本も昨年は、10月に安倍総理が訪問、総理自身
ナザルバエフ大学で話をするという機会を持った
ぐらいです。

政治・経済面でも距離感がぐっと縮まっているの
でしょう。

今後はいかになりますか、気になるところ。


そこでもう少し突っ込むと。
昨年はイタリアのベネチアで万国博覧会でした。

そして、先ほども触れました。
次はカザフスタンの アスタナ

着々と準備が進んでいるとあり、その万国博覧会に
日本も参加する予定。

街並みの言葉はロシア語のためわかりません。
ですが、きれいな魅惑的な街に見えます。

街が美しいだけにいろいろと期待は膨らむのです。
この地に行ける人がうらやましい!

ともかく、来年の今ごろ万国博覧会がかの地で。
カザフスタン、アスタナで開かれるのです。

このつぶやき、ロシア語です。
わかりませんが画像は素敵。

このつぶやきの画像もとても素敵。

どうでもいいような話ですけど。
建物を見てイメージしたのが宇宙戦艦ヤマト。

それは イスカンダル

ちなみにイスカンダルってペルシア語。

アレキサンダー大王 の意味。

カザフスタンはアレキサンダー大王の版図、領土
になった歴史はないようです。
が、カスピ海を通じペルシア(今のイラン)に接
していますからね。

何らかの関わりもあったでしょう。
比較的近い位置関係ですから、近しく想像させる
ものがあるのです。

話は飛びました。
が、ゆえなくとも幻想的なイメージを持たせては
くれます。

ということで、2017年に開催される万国博覧会。
近づくにつれてですね。
カザフスタンに日増しにひかれていくことに。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 板門店 南北会談
  2. 国際宇宙ステーション スコットケリー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。