【スマップ】の人気の高さこそ超常現象か? 解散、不仲、真相究明等のネガティブな響きアリでも彼らは求められている?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。

最近の話題の中から天井見ながらちょっと
考えていた話。

スマップのことです。

どんなにネガティブな響きの言葉が続いても
スマップはいつも何か求められているように
見えますからね。

やはり、すごい・・か。

ネットの中をちょっと見てもスマップと連想
する言葉の組み合わせに関係なく、彼らを遠
ざけるような話は見当たりません。

でも、傾向として見ないということ。

何かカリスマ的なものと彼らスマップ自身の
魅力でネガティブなものが表れたとしても
それらを打ち消し去る!

それだけのものがあるのでしょう。

例えば、今日28日の芸能ニュースの記事に
木村拓哉さんと香取慎吾さんの間に長い間の
グループ活動を経て相応のわだかまりがある
とか、どうとかありました。

また人それぞれだから当然ファンにも多様な
考え方があり、多用な捉え方もあるでしょう。

木村拓哉さん悪党説もあるようです。
ホントかな?なんて思いですけど。

でも、こちらは奥様の工藤静香さんがものを
言いたいようでしたね。

夫の木村拓哉さんを擁護するいくつかの言葉が
出たとかでないとかで、なかなかかまびすしい。

一方、芸能社会の友人・知人の分野の話では
明石家さんまさんが中居正広さんと比べると
木村拓哉さんに気持ちを寄せているとか。

発言からそのように見えるとかですね。

あるようです。

また、ファンから批判的な言葉を多く受けた
とか、というものもありますしね。

もちろん芸能ニュースですから真偽のほどは
わかりません。

でも、こうしたものから彼らスマップの人気が
落ちるとかという話はなく(解散を)残念に
思う声の方が多い様子。

個々のメンバーに対して、ファン個々の好き
嫌いはあったとしても、それに関しての波は
大きなものも小さなものも見られませんし。

だから誰が良いとか悪いとかではなくですね。
今まで通りの姿を望みたい。

多くの人達が解散を惜しんでいる!
これがどんな話をしても最後に突き当る!

そういうことのようです

取り留めなく言葉が続きます。

そして、超常的に彼らを扱うものを取りあげて
みますと、よくあるのがスマップ解散と「予言」
と「地震」が絡まって話題になるものですね。

本当に「地震」が起こると心配している方もいる
でしょうけど。

確かに偶然重なることもあるかもしれません。

それを「予言」として語るものが大きくなった
ようなアトはない様子。

これの出発点はおそらく、解散などせずに
従来の姿で継続してもらいたいという思いが
先立ってのことのように思えます。

どうでしょう。

それだけ解散という言葉はファンを主体に
衝撃的であり何か大きなものを失うと考えた
人が多いと思われます。

それゆえにですね。
解散で地震が起これば超常現象と言える
でしょうけど。

それ以上に解散という言葉、行為で多くの
人の心をゆさぶり社会全体にも大きな影響を
与えていること自体が超常現象!

そのように次第に思えてくるのです。

もし、仮に昨年末の予言で起こるものが
地震ではなく世間への影響が大きいという
ことであれば超常的なものが起きたとして
「当たり」と言えるかもしれない!

もっとも世間の評価は多様でしょうけど。

という具合に、天井見ながら夢想しつつ
これからどうなることかと徒然ながらも
思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 江口寿史 パパリンコ
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  6. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。