スターウォーズ『エピソード7/フォースの覚醒』・・ファーストオーダーのハードウエアを見て! 現代と類似あり?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

映画も世相を反映・・でしょうか。

エピソード7を見てから
マニアックなところに思いが
飛んでいきます。

そして
「創造力」ではない「想像力」に
膨らみが増してきたようです。

映画の悪者・・
ファースト・オーダーの武装を見て
未来志向(?)と思うと同時に
意外と現代のどこかの軍隊が
持っていそうな兵器のアレンジ版?

・・と思えるものもあり
ちょっと面白い!と。

未来志向(僕の勝手な見なし)は
やはりあのドデカイ宇宙戦艦でしょう。

名称は
スター・デストロイヤー・ファイナライザー
ともかくデカク見えますね。

何でも
これにカイロ・レンが乗るとあります。
でもよくわからなかった・・。

細かいところは
アトから気づくのでまた行かないと。

ただこちらは過去の映画でも
似たものが登場していましたから
さほど意識しなかったのでしょう。

なんとなく三角形の形が飛んでいる?

スポンサードリンク

今度は小さいものです。
宇宙空間を無数に飛び交う
あのコウモリのようなイメージ・・。

タイ・ファイターと呼ばれるもの。

これは、エピソード4に似たものあり。

ハン・ソロが、これを追いかけ
デス・スターに捕まる・・でしたか。

ちょっと詳しい筋では
シールド装備を持つともあります。
小さい割りに手厚い防護力があり?

ハイパードライブも装備です。
ということは
タイ・ファイター・・ワープ航法ができる。

ミレニアムファルコンと変わらないようです。

帝国軍の方が末端まで技術力は
優れているようです。

さらに奇抜だな!と思えるもの。
鷲が羽根を広げたような乗り物があります。

カイロ・レンが地上に下りてくる時のもの。
デカク見えましたね。

何をイメージしているのか?

名前がわからないので
パンフレットではこのとおり。

カイロ・レンのシャトル・・そのままです。

さらに見ていきます。

この後で印象に残ったのはこれ。

現代の軍隊が持っていそうな
海軍の揚陸艦から飛び出す
上陸用舟艇に似ています。

荒々しい情景にはこの手が似合う?

何とも形が似通っています。

トループ・トランスポーターとあり
そのまま兵員輸送車ですね。

帝国軍がこれを飛ばして
中から白いヘルメットの
ストームトルーパーが出てくると
現代のどこかの軍隊のようです。

とはいえ、映画ですから。

スターウォーズといえども
ハードウエアの世界は
現代のものを題材にせざる得ない
部分もあるのでしょう。

現代あっての未来でしょうからね。

ところで
トループ・トランスポーター
気になりレゴでないかな?
とtwitter等を見るとあります。

日本では手に入らないようですが
米国、英国では可能とあります。

あります。

レゴです。
メカニカルな感じが良いのです。

でも、実在したら嫌でしょうけどね。

映画とオモチャの世界であれば
ウエルカムということで・・。

スターウォーズのハードウエア雑考です。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IQ246 土屋太鳳
  2. モロッコ ハリラスープ
  3. 直虎 最終回
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。