真田丸第32回の「応酬」・・長谷川朝晴さん演じる伊達政宗 再々登場! ばさらな派手好みの演技がいいじゃないか!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
『真田丸』第32回「応酬」を見て。

だんだん時代が江戸に向かっていますね。
これから一気に走っていきそうな感じがします。

そして、小日向文世さんの演じる太閤殿下秀吉。
こちらの死で終わりか!
と思うとちょっと残念な感じもします。

今まで見た秀吉の中ではカッコもつけず。
一番人間臭い秀吉のように見えましたから。

かつての竹中直人さんの秀吉も好きですけど。
小日向文世さんの方がややソフトながらも。
怖さともろさの強弱がきいているようにも見えま
す。

同じ大河ドラマでも竹中直人さんの秀吉は土から
生まれたような強さを感じました。

でも、小日向文世さんの秀吉は人の気持ちの弱さ
もろさを背負って生れてきたのかな?
なんて、思いをめぐらしたりするのです。
真田丸 伊達政宗

とにかく、太閤殿下が世を去ったとたんにドラマ
では登場人物が一気に増えてきたようです。

ザクッと思い出すだけでもこんな感じでしょうか。
真田一族はいったん横において。
それ以外を見てみます。

老衆(おとなしゅう)

 徳川家康
 前田利家
 毛利輝元
 宇喜田秀家
 上杉景勝

武将など

 伊達政宗
 長宗我部盛親
 細川忠興
 前田利長
 福島正則
 加藤清正
 直江兼続

話は飛びますが、加藤清正役の新井浩文さん。
この人清正っぽくて、いい感じと思う。
(「永遠の0」でも出演してました。)


続いて、女性はこんな感じ。

主な女性

 北政所
 淀殿
 阿茶局
 細川珠
北政所 : きたのまんどころ
阿茶局 : あちゃのつぼね

豊臣恩顧の家臣で新たに登場した人物もいますが
また次回広げてみます。

ところで、真田一族はじめ豊臣・徳川一門を除き
特に印象深く目に飛び込んでくるのがこちら。

伊達政宗

いいですね。
演じるのは長谷川朝晴さん。
第24回の「滅亡」以来の登場。

この伊達政宗、徳川の屋敷での宴席でもすっかり
「ばさら」な感じ。

開口一番、大きな声で宴席の座を先導するように

「では、遠慮のう。頂戴いたそう」
「うまい!」

このつぶやき、好き。

伊逹政宗は先手必勝、どうせ加わるなら。
早めにふところに飛び込め!
というところでしょう。

決断力あり、行動力あるの姿を表現しますね。

しかも、わざわざ宴席での話題に忌事を取り上げ
針でチクチクと刺すように真田信幸から情報を取
ろうとするところは深謀遠慮というか侮れない姿
を醸しています。

ということで。
このドラマを見ると歴史の流れもより面白くとら
えることができそうです。

もちろん、そこに個々の俳優さんの演じ方もある
でしょう。

ということで、長谷川朝晴さん。
このドラマを見るまで知らなかったのですが、今
とても興味深く見ているのです。
面白いのです。

他の俳優さんもそうですけど。
長谷川朝晴さん、顔の表情に独特のタメがある?
何か引き寄せられます。

言葉は適切かどうかわかりませんが、残身のある
表情がとてもいいですね。

もっとも演技と言われればそれまでですけど。
とにかく興味深い!

ご本人はそんなこと、知らん!
と、第24回のように言われるかも。(笑)

ともかく、当方としてはもっとドラマに登場して
欲しい。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)
真田丸 伊達政宗

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 孤独のグルメ ジンギスカン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。