『真田丸』第21回「戦端」・・小田原合戦(北条攻め)の序論か? 板部岡江雪斎の裁定参加から「北条氏政」切腹までどう描く?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは、今回も『真田丸』に触れてみます。
第21回「戦端」を見て!・・ですね。

項 目

1 小田原合戦(北条攻め)
2 板部岡江雪斎

小田原合戦(北条攻め)

第21回「戦端」は、いよいよと言った感じで。
緊迫感のある状態を醸しつつありますね。
小田原合戦(豊臣秀吉による北条攻め)への序論
のような内容に映ります。

ここでドラマは結構時間をかけるでしょうか?
小田原合戦は大きな岐路ですからね。
興味がありますから、期待も大きくなります。

また、北条氏政を演じるのは高嶋政伸さんです。

ですから、ここはなんとなくにしてもです。
「長くなるのかな」と想像したりもしますけど。

とにかく、この小田原合戦でほぼ主要なキャスト。
皆さんは関わるでしょうね。

相州の小田原本城攻めはそれだけ歴史的な大きな
イベント。
多くの武将が関わったものですから。
当然、キャストの登場も多くなるものと。

では、ここで登場人物の関わりを並べることに。

【追記 2016.07.31】
ドラマはいくつかの歴史読本とは
違って、デフォルメもかなりある
ようです。
ですから、ここでの並びは一般的
な歴史観に沿っています。

(俳優さんの敬称を略しています。)

 豊臣秀吉  小日向文世
 北条氏政  高嶋政伸

ここは言うに及ばず!ですよね。

そして、上州の松井田城攻めではこちら。

 上杉景勝  遠藤憲一
 真田信幸  大泉 洋

さらに、武州の鉢形城攻めでは。

 上杉景勝  遠藤憲一
 真田昌幸  草刈正雄

武州の忍城攻めでも同様にです。

 真田信繁  堺 雅人
 石田三成  山本耕史
 大谷吉継  片岡愛之助
 直江兼続  村上新悟

続いて、武州の八王子城攻めでは。

 上杉景勝  遠藤憲一
 真田昌幸  草刈正雄

こんな感じで、ドラマの俳優さんが演じる武将と
大きな戦場をリンクさせてみました。

ただし、武将の中にはいくつも掛け持ち?
というわけでもないでしょうが、複数の城攻めに
関わっていたともあるので、城攻めに関わる濃淡
は一律ではない様子。

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST [ 服部隆之 ]


とにかくですね。
これだけ戦場、城攻めの場面が多いといくつかの
ミニドラマがあちらこちらで生まれたのでしょう。

その一つが忍城攻めかと思います。

そこで、これを豊臣側から見たらどうなのか?
興味を覚えます。
三谷幸喜さん、このあたりはどのように捉えるの
でしょうか?

また、これから起こる北方、西方からの進軍。
「伊達政宗」参陣、さらには降伏の「北条氏政」
切腹に至るまで、どのくらい時間を割き描くのか。
タッタッタと頭は先回りへ。

他にもですね。
歴史の流れでは小田原の石垣山一夜城に「茶々」
と「千利休」を呼び寄せて、茶会を開き、戦での
余裕を北条側に見せつけたともありますから。

関心を呼ぶにふさわしいストーリーの展開を期待
したいものです。

板部岡江雪斎

ところで、北条氏の外交僧「板部岡江雪斎」役を
演じる山西惇さん。
『サラリーマンNEO』の印象が強い方です。

だからというわけでもありませんけど。
なぜか「板部岡江雪斎」にも興味を持ちます。

おそらくはですね。
「板部岡江雪斎」はあまり知られない戦国時代の
武将でしょう。

ですが、北条氏が滅びた後もです。
豊臣氏、徳川氏と主君を変えつつ時代を生き抜き
ます。

子孫は旗本として江戸時代を渡ります。
ですから、この「板部岡江雪斎」は困難な時期を
乗り越え、江戸時代で生きる礎を作った逸材とも
言えそうです。

また、北条氏滅亡後の豊臣秀吉のもとでの扱いは
『御伽衆』に取り立てられたとあります。

ということは、北条氏の外交僧としての経験から
軍事外交の深い知見を備えた人物。
そのように見なされていたのでしょう。

なお、同時代の外交僧として名高いのはこちら。
「毛利輝元」率いる毛利家の「安国寺恵瓊(あん
こくじえけい)」が挙げられますね。

しかし、この武将は関ケ原の合戦のアトは戦わず
して敗戦、斬首です。
先を見る目は、成り行きの結果論としても。
「板部岡江雪斎」の方が一枚上手のようにですね。
思えてきます。

このような「板部岡江雪斎」を。
第22回「裁定」以降、どのように描くのか。
こちらも興味深いのです。

ということで、今回も徒然にこのように。
では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 江口寿史 パパリンコ
  2. 世相 雑学
  3. 真田丸 前兆
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。