『真田丸』の前半・・どうやら「本能寺の変」以後の徳川家康と関わる真田昌幸の生き様が見どころか?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちはです。
今回も先読みです。
『真田丸』次回、第 5回「伊賀越え」に関して。
今後の(前半)の大きな展開部分の入り口になる
のでしょうか。

項 目

1 「本能寺の変」以降・・先読み
2 歴史の流れ
3 ともかく・・これからどうなる?

「本能寺の変」以降・・先読み

いよいよ、『真田丸』は序盤を終わってより濃い
部分に突入するのでしょう。

信長横死後の世界へ。
真田家と徳川家の確執の時代に突入でしょうか?

第 5回の予告編では徳川家康演じる内野聖陽さん。
刀を振りかざし、伊賀山中を越える場面・・。
これが目に飛び込みます。

その場面だけでも引き付けられるものが、十分に
ありますが、これを契機に真田家と徳川家の確執。
こちらの流れを想像したりして、より興味が深ま
ります。

ところで、いくつかの歴史読本で史実と言われる
ものによれば、信長亡き後の真田昌幸と徳川家康
は豊臣秀吉への臣従まで、わずかな期間を除いて
ですね。

味方同士と呼べる時期はなく、常に戦う相手です。
ですから、このあたりをどのように表現するのか。
面白いところでしょう。

もちろん、過去のできごとですから。
歴史の大きな流れを承知して。
これも、あれも、それも考えられるかな?
と思いつつ、ドラマを見ることになりますけど。

でも、大きい見せ場は昌幸が織田信長亡き後。
時代をどのように振舞い生き抜いていくのか?

そのあたりかと、当面の関心事はですね。

とにかく、甲斐、信濃、上野 3国が、織田信長と
いう強力な支配者から解き放たれた後。

真田昌幸はその空白地帯の分捕り合戦で、まずは
北条につき、その次は徳川へ、そして上杉のもと
を駆け抜けたと思えば、最後に豊臣秀吉のところ
に落ち着くわけですから。

およそ節操というものは感じさせない様子。

とはいえ、その節操のなさが、ドラマの醍醐味の
ひとつかもしれません。

真田丸 真田昌幸

歴史の流れ

ここで歴史の流れを見ると。
多くの歴史読本にあるように順を追えば、こんな
感じでしょう。

初めは上野の岩櫃(いわびつ)城、沼田城を狙い
関東の版図を拡大したい北条氏政と手を結びます。

そして、臣従すると見せつつですね。
徳川の力の伸長度を見て離反し、徳川方へ。

その後、徳川から軽く扱われると、今度はこれを
手ひどく叩き、形勢不利と見るや。
次は上杉に近づき、その後は豊臣秀吉のもとへ。

その結果は奇縁ながら徳川家康の与力となる!
こうなりますから。

この流れで真田昌幸(草刈正雄さん)と。
徳川家康(内野聖陽さん)との丁々発止の様と
心中の動きがどうなるか?

これは興味深いでしょう。

真田丸 本能寺の変

特にですよ。
家康が北条氏政との和睦の代償として、真田領の
沼田城を北条方に渡せ!とした際には。

昌幸が拒否し、その反動で起きた上田城での戦い。
これで家康は逆に手ひどく叩かれるわけです。
その際の両者の内面をどのように表すのか。

同時に弱小勢力が生き残るため、綱渡りを行う!
真田昌幸の生き様、これを草刈正雄さんがですね。
どのように見せるのか、楽しみなところでしょう。

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST [ 服部隆之 ]

ともかく・・これからどうなる?

ともかくですね。
まだ、第 4回が終わったところ。

でも、ここまでのストーリーの進度はゆっくり!

1582年の濃縮された頃を語るわけですからね。
急いでゴチャゴチャさせると、誰が主人公か?
わからなくなるのかもしれません。

ですから、真田家を表すのに最低限必要な歴史の
流れを描いているのでしょう。

ちなみに、後の豊臣秀吉である羽柴秀吉はですね。
この頃、備中攻めで「高松城水攻め」の最中。
そして、家康が「伊賀越え」の際は「中国大返し」
として知られる時期です。

まさに後世の人々から見れば、当時の戦国時代が
東国と西国の世界が繋がる!
そうした頃でしょう。

このあたりも面白そうです。

でも、ドラマであらわれるかどうか?
気になります。

ということで、今回も徒然に。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ワカコ酒 呑兵衛
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。