ドラマ『オトナ女子』は篠原涼子さん主演!ちくわは猫ですよ!

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然ながら思うことです。
テレビドラマに関して。

失礼ながらもですね。
変わったタイトル?と思いつつも目は奪われて
います。

今日のお昼、都内へ向かう電車の中のこと。
ズラッと中吊り広告が前から後まで「控えよ!」
といわんばかりに車内を前後に舞っていました。

オトナ女子 猫 

これですね。
『オトナ女子』のこと。

「えっ!オトナ女子ね?」と目をこらして見る
と10月15日夜10時放送となっています。

そうだったんだ.
あさって・・か。

疎いのですが、その時今知ったのです。

世事に明るくなろうとですね。
日々いろいろなものに関心を持つようにしてい
ますが、でも知らなかった!

テレビをほとんど見ない環境になった!
ということもありますけど。

とはいえ、ここまで当方自ら言葉にすることは
この中吊りを見て「いいな!」と思った証左で
しょう。

さっそく帰ってからですね。
フジテレビのページを見ました。

そうです、これフジテレビです。
なんか、初回は長いみたい。

22:00-23:09とあります。

登場人物・ストーリー

タイトル、結構響きのいい感じ。
女性に受けると思いますが、どうでしょう。

この表現に関して連れは半分・・半分かな?
なんて言っていましたね。

恋も仕事も諦めない 40代独身女子とダメな男
たちによる大人のラブストーリー!

独身男性も結構引きつけるものがある?
どうかな?

こんな身近な人の感想を聞きつつ、登場人物と
わかる範囲のストーリーを眺めます。

ヒロインの中原亜紀(篠原涼子さん)は40歳。
独身のキャリアウーマン。

愛猫のちくわと年下の男性と暮らしている!

ドラマは社会現象を反映するとも聞きますから
今時はこういう生活スタイルが多いのでしょう。

と言っても当方の近辺では見ません。
でも、傍から当方が時代から取り残されている!
という人もいますから。
・・・
あまり気にせずに進めます。

ともかく、このヒロイン。
仕事はさばけるようですね。

ただし、自分自身のことになると。
からっきしと言えるほどのダメ!

そして、ためらいがちなところがある人物とも
ありますね。

また、恋愛では男性に尽くすタイプとの表現。
男性諸氏からするとそれはすばらしい!
ということになりそうです。
しかし、甲斐なく実らない。

では、可哀想なんでしょうか?
ちょっとわかりません。

そして、日々が過ぎる中で、友人との交流機会。
その女子会で女子トークに花を咲かせる!
思いを語りあうところが楽しみになるのでしょ
うか。

単によもやま談議で時間を過ごすだけでもない!
すんなり進んでもいけないストーリ-展開なの
でしょう。

幸せを追い求める、追い求めたい彼女たち。
オトナ女子のオブラートをかぶせた彼女たちが
自分達の夢や幸せを結婚と見出してですね。
ワイワイ互いに元気出せ!といったものになる
と見た方が近い?

定番と言えば定番かもしれません。
しかし、笑い泣きを織り交ぜ、高低差アリ。
強弱をつけて流れるストーリー。
それはなんとなくにしても察するものはありま
すね

フジテレビのホームページを見ただけで、そこ
まで言うか?という感じですが。

まあ、何にせよ。
そういうドラマと受け止めたということ。

そして、これだけ言い切っておきながら。
ストーリの展開であたればうれしいなんて思っ
ているのです。

ところで、恋愛関係におちいっていく男性陣を
想像すると。
こういうこと?

フジテレビのホームページからですね。
ストーリを追いかけると、中原亜紀(篠原涼子
さん)と高山文夫(江口洋介さん)の流れにな
るのでしょう。

まあ、これもあえて言葉にする必要もない!
・・ですね。
当然ヒロインを中心にしますよね。

キャッチフレーズでも大人のラブストーリーで
すから。

だんだん、こうやってドラマにはまってくると
何かトンチンカンな方向に、それこそおちいり
そうです。
ちょっと風を変えるために中づりで見た出演者
をピックアップしてみましょう。

 中原亜紀  篠原涼子
 大崎萌子  吉瀬美智子
 坂田みどり  鈴木砂羽
 高山文夫  江口洋介
 栗田純一  谷原章介

役者さんの敬称は略しています。

そして、なぜか猫が登場するそうです。
その名が「ちくわ」。
これは不思議です。
でも、名前ですからね。
何か意図があってのことでしょう。
と、今はスルーします。

オトナ女子 猫

それにしても篠原涼子さん。
指を口に寄せるポーズ!
これはいけません。
魔性の姿にも見えます。(笑)

オトナ女子 猫

何はともあれですね。
中吊りのこれにひかれた?
電車が走ると波打ち寄せては去るように揺れま
すから。

ということで、まずは40歳に差し掛かる女性の
思いをつづるドラマでしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. ワカコ酒 呑兵衛
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。