大人の恋愛ドラマ? オトナ女子の主演の篠原涼子さん! 過去出演のドラマを思い起こすと数多くアリ!

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うこと。
恋愛ドラマの主演の俳優(女優)さんに関して。

ドラマはオトナ女子。
主演の篠原涼子さん。

項 目

1 オトナ女子から
2 篠原涼子さん
3 これからも期待度・・大

オトナ女子から

オトナ女子

篠原涼子さんはじめキャストの顔ぶれがすごい
な!という印象もあってですね。

当方、テレビから遠ざかり気味の中でも珍しく
見ているドラマ。

興味深いのです。

ところで、篠原涼子さん、知る人は知っている
ような話ですが20年ぐらい前は歌手でもあった
のです。

いや、今もそうかもしれませんけど。
紅白にも出ていましたね。
確か『恋しさと せつなさと 心強さと』です。

そして、その後はドラマに方向性が向いたので
しょうか。

よく覚えているものは、10年ほど前の『アネゴ』
『花嫁は厄年ッ!』等のドラマですね。

当時は他にも多くのドラマに出ていたとも記憶
があります。

ということで、篠原涼子さんが出演したドラマ
をちょっとたぐってみます。

篠原涼子さん

ドラマの中身に関して、やや記憶があいまいな
ものもありますけど。
題名とテレビ局はまず大丈夫でしょう。

出演者はわかる範囲ですね。

2003年

『ぼくの魔法使い』
(日本テレビ)

何かを思い出そうとするとおじさんに変身する
妻と、それに対してとまどう夫の夫婦愛もの。
(出演者 主演 伊藤英明さん 他)

2004年

『光とともに 自閉症児を抱えて』
(日本テレビ)主演

自閉症の子供を持つ家族の葛藤や日常生活の大
変さをはじめ、保育園から小学校、そして中学
校の特別支援学級へ進学した子供の成長と問題
等を描写したものと言えるでしょう。
(出演者 山口達也さん 齋藤隆成さん 他) 

2004年

『アットホーム・ダッド』
(フジテレビ)

マイホームを手に入れた主人公がリストラへ。
失業、家事・子供の教育をする『主夫』へ。
その奮闘を描いたものですね。
(出演者 主演 阿部寛さん)

2005年

 『anego』
(日本テレビ)主演

30代の独身OLの結婚・仕事等の悩みを抱えつつ
も生きていく女性の生き方を描いたものでしょ
う。
(出演者 赤西仁さん 戸田菜穂さん)

2005年

『ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル(溺れ
る人)』(日本テレビ)

アルコール依存症から脱け出そうとする女性と
取り巻く家族の姿を描いたもの・・。
(出演者 西島秀俊さん 室井滋さん)

2006年

 『アンフェア』
(フジテレビ)主演

検挙率 No1でバツ 1 子持ちの刑事(雪平夏見)
が次々と発生する事件に立ち向かう姿を描いた
ものですね。
(出演者 瑛太さん 加藤雅也さん 阿部サダ
ヲさん)

2006年

『花嫁は厄年ッ!』
(TBS)主演

首都テレビアナウンサーを降板させられた
バラエティ担当に主人公が、元彼の実家の
福島県の桃農家で嫁を装い潜入取材をする
コメデイ・・もの。
これは異色でしょう。

(出演者 矢部浩之さん 岩下志麻さん)

2007年

 『ハケンの品格』
(日本テレビ)主演

派遣社員(登録型派遣)の特 Aランクの評価を
受ける主人公。
3 か月契約勤務の丸ノ内の食品会社で繰り広げ
る姿を描いたもの。
これも、今までとずいぶん違う役どころを演じ
ている!との印象が強かったのです。
(出演者 加藤あいさん 小泉孝太郎さん 大
泉洋さん)

2009年

『働くゴン!』
(日本テレビ)主演

家事ダメなシングルマザーの主人公。
仕事と家事の両立を目差しつつ感動取材を行う
報道記者としての活躍を描いたもの。
(出演者 香里奈さん 平岡祐太さん 戸田菜
穂さん)

2010年

『月の恋人Moon Lovers』
(フジテレビ)

国内のインテリアメーカー社長の主人公が中国
進出を行う中、上海での 3人の女性との出会い
と繰り広げる姿を描くもの。
これは、ちょっとエンディングの曲が先行した
ような感じもありました。
(出演者 主演 木村拓哉 他)

※ 久保田利伸さん「LOVE RAIN 恋の雨」が
光っていたようです。

2010年

 『黄金の豚-会計検査庁 特別調査課』
(日本テレビ)主演

会計検査院・・か?
架空の機関「会計検査庁」で働く型破りな主人
公が官公庁の不正を暴くもの。
(出演者 岡田将生さん 大泉洋さん 桐谷健
太さん 生瀬勝久さん 宇津井健さん)

「税金を喰いものにする悪党どもへ」
「カネ返せ」

2012年

 『東野圭吾ミステリーズ』
第10話「二十年目の約束」
(フジテレビ)ミステリードラマ

原作 は 『あの頃の誰か』
(出演者 田辺誠一さん キムラ緑子さん 平
泉成さん)

2013年

 『ラスト♡シンデレラ』
(フジテレビ)主演

恋に不器用。
仕事に没頭するおやじ化した女子。
39歳独身女性を描いたもの。
大人の恋でしょうか?

オトナ女子 篠原涼子

こういう感じのものも演じるんだ!
という感じはありましたね。

(出演者 三浦春馬さん 藤木直人さん 大塚
寧々さん 飯島直子さん)

2015年

『オトナ女子』
(フジテレビ)主演


その他、ドラマのみならず映画にも出ています。

 冷静と情熱のあいだ
 THE 有頂天ホテル

こちらはさらに有名でしょう。

 アンフェアthe movie
 アンフェアthe answer
 アンフェアthe end

これからも期待度・・大

記憶の濃淡に違いはありますけど。
頭に残るものを並べてみました。

ところで、篠原涼子さん、結婚後は出産もあり
育児のためでしょう。
出演の数も10年前と比べるとトーンダウンした
様子。

ですが、それでも基本は主演ですからね。
これからも期待度の高い俳優(女優)さんでし
ょう。

今回も徒然ながらもこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. IQ246 織田裕二
  4. ショーンK テレビ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。