『おんな城主 直虎』、「信長、浜松来たいってよ!」の回でも、今川氏真は登場へ! 関ケ原の戦い以後も生き残る歴史の証人ゆえ?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

こんにちは。

今回は大河ドラマです。
『おんな城主 直虎』・・少々無理が出てきた様子?
と言ったら、制作側の不興を買いそうですが、NHK大河
基本的にフィクションです・・よね。

これも言い過ぎでしょうか。

ともかく、史実どおりに完璧にビシッとやったら面白く
ない・・ということでしょう。
話を膨らまさざるを得ないのでしょう。

なんて、生意気な感じで僕は受けとめていますが、この
ドラマ、ここに来て少々歴史の流れをほじくったような
気もします。

直虎を『本能寺の変』がらみでかますというのは、その
時代を生きたわけではないので、必ずしもあり得ないと
は言えないでしょうけど。

ですが、かなり大胆ですよね。

明智光秀が今川氏真、そしてその流れで徳川家康に内通
を図るとは、相当なバクチを打つような行為に見えるの
です。

直虎 今川氏真

つまり、露見することが当然ありうるだろう。
と思うのです。

おそらく、ストーリーとして直虎をドラマの中心に据え
るために、周辺の時代を生きた人々を巻き込まないとで
すね。
成り立たないからとは思いますけど。

とはいえ、単純に過去の信長と光秀の不協和音を奏でる
できごとは多々あったとしても。
安土城で家康を迎え饗応するまで、光秀にはまだ臣従の
気持ちはあったように思うのです。

決定打は畿内周辺の領国を召し上げられ、毛利の領地で
あった出雲・石見の二国を封土とする命があってからの
ことかと。

この時が心変わりと見る方が無理がないと思うのです。

それは『本能寺の変』後の朝廷の動きが光秀に対して。
べったりであったとは・・。
どの小説、歴史本を見ても巡り合わないから、ですけど。

もちろん、僕が見た、読んだ範囲のこと。

ともかく、光秀の反旗に関して。
多くの方の見なしでは、急ぎ、先走ったものに映る。
ということ。

ですから、個人的にはですね。
今回の「信長、浜松来たいってよ!」は。
「かなりデフォルメした部分ではないのかな」なんて
思ったりしているわけです。

でも、繰り返しですけど、ここで直虎をかまさないと。
もう、直虎が主人公のドラマではなくなり、家康になっ
てしまいますからね。

そう見ざるえないでしょう。
歴史、時代の中心に出てきていますから。

何と言っても、家康の時代に占めるウエイトは大きいの
です。
なかなか厄介なことでしょう。

ところで、今川氏真を引っ張り出すところも。
生意気を言うようですが、かなり腐心されたもの。
と捉えています。

瀬名と今川家とのつながりを考えると、遠ざける位置に
置くことはできないのでしょう。
(突然ですが、瀬名は家康より8歳年上と言われます。)

何と言っても大坂の陣近くまで、長寿を持つのです。

ほぼ、家康と同じ時代を生きるのですから。
徳川勃興の歴史の生き証人?

スポンサードリンク

また、その子孫は徳川幕府に仕える身になるとあります。
その礎を作っていますからね。

ともかくですよ。
直虎をドラマの真ん中に持ち出す際には、必要となるの
でしょう。

という感じで、デフォルメ、話が膨らむなどと。
いろいろ頭に浮かぶ第48回です。

なお、第49回はタイトルがこれですよ。
『本能寺が変』

『本能寺の変』ではないのです。
文字どおり、『本能寺』が『変』なのでしょう。

こうなると、このドラマ、どのような形で収束するのか
ますます興味深いです。

最後はメチャ、デフォルメ三昧になるのでしょうか。
あとニ回ほどですが、是非とも最後まで見たいものです。

今回もこのように徒然に思うのです。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 真田 忍城
  3. 世相 雑学
  4. ココリコ ミラクルタイプ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。