リアリティはともかく! 「おんな城主 直虎」瀬戸方久(ムロツヨシさん)のニコニコ顔でさらに面白くなりそうだ!

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
ドラマ「おんな城主 直虎」に関して。

直虎 ムロツヨシ

実は、というのも変ですけど。
このドラマですね。
毎週見ながらもちょっと物足りない!
と思っていたのです。

何かと言えばリアリティが乏しい感じ。
まあ、当方の思いですからね。
必ずしも的を射たものではないでしょうけど。

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の 巻 イチトラ [ 菅野よう子 ]


あの桶狭間の合戦の表し方がオープニングの
前で決着が付くのはどうも淡泊というか。
何か消化不良のような感じがするのです。

井伊直盛が織田兵の奇襲を受ける!
それは今川義元の本陣近くに陣を構えていたと
思うのです。

が、そのあたりを表さないというのか。
さらっと戦闘があって負けましたよ!

それでは戦国の大きな変換点がいささか小さく
ありませんか。という思いなのです。

かつて『独眼竜政宗』『葵徳川三代』を著した
ジェームス三木さんほどではなくとも。
戦(いくさ)場の姿を表してくれたら。
リアリティが出る!のにという感想ですね。

どこかホームドラマみたいに見える!
というと言い過ぎかもしれませんけど。
傾向としてはそういう感じ。
・・でした。

直虎 ムロツヨシ

ですが、今回の第13回「城主はつらいよ」です。
こういっては何ですけど。
リアリテイはこの際、横において何かワクワク
するところがあればいいじゃないかと。
当方としてはそのような思いに至るのです。

それが瀬戸方久の登場です。
この回での一番の醍醐味はですね。
もちろん、当方が感じるところですけど。

直虎 ムロツヨシ

直虎が瀬戸方久を家臣の列に加えるとした!
その姿を表したところです。

これはよいでしょう。
力のある者、出自にこだわらずに重用しようと
する部分はひかれますね。

また、瀬戸方久の成り上がり度合いが半端では
ないでしょう。

あのヒゲヅラから長者風の姿に変わっているの
です。
魅力あるでしょう。

何と言っても生命力のたくましさ!
これを感じます。
戦国の世は「こうでなくっちゃ!」ですね。

また演じているのがムロツヨシさん。
この方、面白い!
何か人のよさそうなところがにじみ出ている?
そのように見えるためか。
当方の好感度は高いのです。

屋敷内を歩くしぐさも軽快!
「トン」「トン」「トン」と飛び石伝いに進む
姿は何か安心感と楽しさを感じさせてくれるの
です。

もちろん、直虎の柴咲コウさん、寿桂尼の浅丘
ルリ子さんはじめ、主だった俳優・役者さんも
すばらしい方と思っています。

浅丘ルリ子さんは日活『戦争と人間』の
イメージがいまだに強く。
(伍代由紀子役 印象深いのです。)
いつ見てもですね。
きれいな女優さん。

とにかく、ムロツヨシさん。
異色の存在でしょうか。
こう言うとですね。

褒めてるの?どっちなの?と言われそうですが
掛け値なくよき方向でひかれるのです。

ちょっと脱線しますがムロツヨシさんと言えば
知る範囲では『空飛ぶ広報室』と『勇者ヨシヒ
コ』ですね。

いずれも連れがビデオで撮っていたものを偶然
見たということなんですが、名脇役。
この表現が適切かどうか。
それはわかりませんけど。

でも、いないと困る存在感のある俳優さん。
そんな感じ。

ということで、何でしょう。
『おんな城主 直虎』では何度でも見たくなる
のです。
瀬戸方久の顔。

直虎 ムロツヨシ

ちなみにムロツヨシさんの演技に押されて?
瀬戸方久の人物像もあたってみました。
この方久、源氏の流れで新田義貞の流れを引く
とあるのです。

ということはもっと遡ればですよ。
経基王から清和天皇までつながるのです。

なかなか、血筋はすばらしい。
鎌倉公方の頃からの井伊家として遜色のない!
家臣を迎えるような気もします。
ドラマはこのあたりをどのように表すのでしょ
うか。

おんな城主直虎(後編) NHK大河ドラマ・ストーリー


単なるあぶれ者からの成金として扱うのか。
ちょっと興味を覚えるところですね。

さらにもう一歩前に出て言葉を出すと。
徳川家康も新田の出とする史料もあるようです。

ただ、こちらは征夷大将軍に就く際。
『源平藤橘』であるとされた格式の壁への対応。

そのため、源氏につながる新田の子孫であると
名乗ったともあるのです。

源:源氏
平:平氏
藤:藤原氏
橘:橘氏
いずれも平安の武家であり公家。

さらに言えば織田信長は平氏を名乗っています。
このあたりは権威を否定しつつも名族への憧れ
と名族利用の価値は残っていたのでしょう。

と、話はそれましたけど。
ムロツヨシさんの瀬戸方久の登場で、ドラマの
直虎もさらに映えそうですね。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。