『おんな城主 直虎』の徳川家の登場人物を見て! 家康はともかくも築山殿(駿河御前)は珍しいか? 興味深い!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



今回は『おんな城主 直虎』について。

目に飛び込む読本・冊子類の項目を見ると
徳川家の登場人物について云々とあります。

目を引くのは築山殿

おんな城主 築山殿

この人物、駿河御前やら築山御前として過去
読んだり見たりした小説類で覚えのある名。

ただ、あまり印象の良い人物として頭に残らず
どちらかと言えば悪女という印象ですね。

ですが、今回のドラマ『おんな城主 直虎』
では、今までの概念を吹き飛ばす表し方で
描かれそうです。

なんと言っても主人公の直虎の遠縁かつ良き
友とあります。

こうなるとなんとなく良き人物として登場
と思いが膨らむのです。

ただ、この築山殿は歴史に登場するものの
明らかな部分は家康はじめのいわゆる武将と
比べるとかなり少ないようです。

ですが、それゆえか!
その出自もかなり複雑、不思議に見え視線が
そちらに向かう気がします。

以前承知していた範囲では、今川義元の娘で
あり徳川家康と政略結婚をさせられた。

過去読んだ小説では築山殿の方が年上。
つまり姉さん女房のようでしたが。
ドラマは如何に?

これが覚えにある大きいもの。

もともと、築山殿の母親は今川義元の妹とあり
義元の姪であったところ、先の政略結婚のため
義元の養女へ。

その後、家康に嫁したという見方が大勢か!
と思っていました。

ところが、他にも。

それが井伊直盛の祖父である井伊直平の娘を
母親とするもの。

この直平の娘が井伊家服属の証として
今川家の人質へ。

その後、今川義元の義理の妹とされ家臣の
瀬名義広との間に子をなすのです。

そして、その子が今川義元の養女となり
築山殿の誕生へ・・と。

どうも、ドラマは後者を選び描かれている!
そのようです。

築山殿は幼少期は瀬名とあり、母は佐名と
あります。

戦国時代に翻弄されたかのような誕生がやや
哀れを感じるところでしょうか。

ちなみに演じるは【菜々緒】さん。
どんな築山殿になるのか興味深い!

また、ドラマではどのように表される?

特に、興味深いところは築山殿は家康に
嫁したアトは長男の信康を産むのです。

この信康を家康の母である『於大の方』が
どのように見るのか、気になるところ。

築山殿はドラマの中でも表されると思いますが
『於大の方』から遠ざけられ桶狭間の戦い後
家康が岡崎城に入城しても、同城に入ることが
できなかった。

・・とあります。

しかも、その後紆余曲折を経たアト。

織田信長からの命を受けた家康によって
築山殿と信康はともに落命へ。

ですから。
この『於大の方』の視点は気になるところ。

とは言っても、ドラマの登場人物として
今は『於大の方』を表わすものはない様子。

ですので、家康、築山殿に関してはあまり
深読みする必要はないのかもしれません。

ということで。
今回も徒然に思うのです。

(オワリ)

おんな城主 築山殿

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 京都人の密かな愉しみ 常盤貴子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。