『おんな城主 直虎』第31回「虎松の首」を見て! 高橋一生さん演じる小野政次が重くてイイネ!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

小野政次が映える!

今回はこれです。
『おんな城主 直虎』第31回「虎松の首」を見て。

とにかく、今回のストーリーは古典的な言葉を思い起こ
させます。
二つの言葉ですが、歴史ドラマの中では柔らかいもので
迫る感じもします。

古典的な言葉

まずは、これでしょう。
「敵を欺かんと欲すれば、まず味方から。」

これは多くの方が「ああ、あれ」となるでしょう。
そして、今回のドラマのストーリーの大きな軸の一つで
しょう。

で、先ほどの言葉を簡単に表現すれば、こういうこと。
前提として、相手はですね。
こちらが普段通りに動けばその動きをそれと判断し察知
するのが常道と説きつつ。

しかし、そこで相手を真に欺きたければ、まずは味方を
ダマし、その欺きで誤った味方の動きに相手は引き寄せ
られる。
結果、相手は本当にダマされることになる!という話。

まあ、こんなの「知ってるよー」でしょうけど。

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の 巻 イチトラ [ 菅野よう子 ]


これを高橋一生さん演じる小野政次が見事にこなすこと
によって、井伊家の者を欺くとともに、今川家の家臣団
もダマすわけです。

対象はもちろん、家臣の関口氏経と、そして今川氏真。

それにしても、高橋一生さんの演技は上手い。
というか重く映ります。
冷徹に映るところを隙間がないほど見事に演じています
・・ね。
(門外漢ですけど、そう思うのです。)

そして、ドラマでは結局、小野政次は井伊谷の今川城代
となるべく、今川家を欺き通すわけで。

その欺き通す間も、同時に井伊家もだまさねばならず。
精神的にかなり強くなければ、成し遂げられない!
そのように思える人物像です。

ですから、そんな姿を表現するためには、その雰囲気を
醸しだした重厚な演技が望まれるのでしょう。
かなり重い役どころと思われますからね。
そのせいか、より一層、高橋一生さんに目が向かいます。

スポンサードリンク

小野政次

そこで、いったん歴史人物、小野政次自身に目を向けて
みます。
小野は目付ですから、常に井伊家の中から白眼視される
存在ではあったでしょう。

その中で苦肉の策とは言え、一つ間違えば、裏切り者の
そしりを受けかねないのに、城代に収まる策の姿で主君
とその郎党を欺くのです。
英断と言えるかどうか、それはわかりませんが、かなり
思い切った動きでしょう。

そこで、この時、浮かぶ言葉がこちらですね。
「将を討たんとするなら、まず馬を射よ」

この言葉は敵将を討つには、敵将の乗る馬を射ることを
指し、その意味からこちらにつながるもの。
『直接目的を果たすことからはじめず、そのために必要
となる段取りを整えることに注力しなさい』ということ。

まさに、小野政次が今川城代の立場をもって、関口氏経
を井伊谷に触れさせずとし、いざ今川が倒れるとなった
際に、井伊家の再興を狙えるように支度をすること。
それにあたるのでしょう。
と、つながると思うのです。

もっとも、時代の筋の流れだけ見ると、強い者が弱い者
を押しのける淡泊な感じなので、単純に奇策の必要性を
強調したいのかもしれませんが?
と、少々斜めにドラマを見たりします。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 緊急特盤 鶴のうた [ 菅野よう子 ]


こんな感じで、ドラマの主張というか、何を考えている
のかな?と考えると。
ドラマのストーリーはもちろんですが、小野政次の葛藤
の筋の流れも。
歴史の中で色があるように見えてくるのです。

ということで、今回も頭に浮かぶことを膨らませて並べ
ました。
次週の第32回「復活の日」、これがまた楽しみです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. ココリコ ミラクルタイプ
  3. 世相 雑学
  4. 直虎 最終回
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。