不倫の話題は尽きない様子! 今度は文春が宮迫博之さんを追いかける? でも世間は、社会はどこまでもついていける?

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



えーとですね。
今回も、ちょっと「またなの」と思いながらも。
ビットが立ったので、新たな不倫のお話にチョイ
と、首を突っ込みます。

週刊文春さんの記事です。
雨上がり決死隊・宮迫博之さんが不倫云々で。
ネットの中では記事がまた出ていますね。

ちなみに、この話題は 8月 9日発売の「週刊文春」
で露わになるようですから。
そちらを見た方が早いのでしょうけど。
と思えば、「あっ、明日!」

とにかく、この種の話題は人を集めるようです。
何でしょうね。

一般の人ができそうもない範囲、世界で。
いわゆる芸能界を主体にして・・。
不倫を行うからでしょうか?

それとも、当事者の普通の生活・家庭が、そんな
状態でも維持できるか?どうか?
その行く末を見たいのでしょうか。

とすると、不倫しても、何ら問題なく。
世間・社会を渡れるのであれば。
一般の人は興味・関心を持つ原点を失うのかも?

基本は「人の不幸は蜜の味」でしょうから。
人の「さが」を酷評するようでもありますが。

しかしですよ。
一般の人(僕も含めてですね。)がどんなにかけ
離れた世界のできごとだから、関心を持ったとし
ても。
そろそろ、芸能人の不倫話も、食傷気味では?

ずいぶんと長いでしょう。
特に、今井絵理子さん。
この方は今は参議院議員。
ですので、あてはまらないとは思いますが、でも
芸能人のイメージは多分に帯びていますよね。

そして、続くと言っては失礼かもしれませんが。
斉藤由貴さんも昨週はにぎやかに扱われることに。

その後、宮迫博之さん・・と。
かれこれ一カ月以上もですよ。
この話題で日々さらされるとですね。
お昼の時間がいくら退屈な方でも。

この話題は「もういいよ」となりませんか・・ね。

それゆえに。
そっちの方向性を今後、世間、社会がどう持つか?
転じるか?
興味の方向がそちらに向き直る?

わかりませんけど。

不倫 宮迫博之

ですから。
「週刊文春」の売り上げがどこまで伸びるか。
それが今の関心事でしょうか。
(多ければ持続傾向アリでしょうか・・ね。)

今回も不倫の話題から。
徒然に社会の変化を見たいと思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. キャプテンファズマ スターウォーズ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。