『ハロー張りネズミ』第6回、FILE4見たよ! ムロツヨシさん『おんな城主』とかけられた? かほるは「金の匂い」プンプン?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



突然ですが、第6回、FILE4を見ました。
『ハロー張りネズミ』のことです。

あかつか探偵事務所

 七瀬五郎  瑛太
 四俵蘭子  深田恭子
 木暮久作  森田 剛
 風 かほる  山口智子
 伊佐川良二  ムロツヨシ

※ 敬称略。

こちらはゲストでムロツヨシさんが出ていました。
そして、今までのFILE2,3と違って 1回完結です。

ドラマを見ている側としては「来週、どうなるの?」
といったストレスは感じませんけど。
でも、今まで 2回続きで 1話完結の流れで浸ると。
ちょい、もの足りない感じもあります。

とはいえ、次のストーリー展開に楽しみが増えます
からね。
まあ、これもよいのでしょうか。

ところで、今回の FILE4 を見ていてですね。
気が付いたことですが、七瀬五郎は探偵依頼の手紙
を送った女性宅へ向かいます。

そこで、五郎が訪れた時の背景で目に入ったもの。
『白モクレン』らしきものがあったように思えたの
です。

さらには、いつも以上に背景で目に飛び込む人の姿
も長袖の服装が多いように映るのです。
勝手な想像ながらも、おそらくはこのドラマ。
相当早い段階から撮影を始めていたのでしょう。

ただ、放送時期は夏の季節。
それを意識しているのか、七瀬五郎が訪れた学校の
一室には扇風機があり、それが結構大きく映しこま
れていました。

長袖と扇風機か!
という思いが、さっと立ちますけど。
扇風機、年がら年中、出しているところもあるでし
ょうから。
それはそれでよいのかもしれませんけど。

とにかくですね。
この FILE4 は僕が思うには、3月の中頃にです。
撮影したか。
一部撮りにしても始めていますよね。
たぶん。

「それがどうした?」と言われそうですが。

ですから、7月頭にこのドラマのダイジェスト版が
放送されていましたけど。
「あの頃には大半の撮影が終っていたのかも。」
と思うのです。

もっとも、この状態がテレビドラマ撮影の本来の姿
かもしれませんし、不思議ではないのかも。
それとも、このドラマに限ってですね。
俳優さんのスケジュールの関係上、早いのか。
そのあたりはよくわかりませんが。

ともあれ、繰り返しながらも長袖姿が。
これは、少々目に留まるな!と思った!
と、それだけの話なんですけど・・ね。

でも、寒かったでしょうね。
と、冒頭からとりとめもなく言葉を重ねています。

で、話はこちらに転じまして。
ムロツヨシさん。

役柄が犯罪者ではありませんが、悪者設定のようで
それに応じてのことなのか、風かほる、蘭子の主軸
登場人物は結構、キツイですね。

「生理的に受け付けない」
「生理的にあわない」
どちらかだったと思いますけど。
とにかく、ムロツヨシさん演じる伊佐川良二に。
厳しい言葉を投げつけ、同様の視線を向けています。

まあ、あれですよね。
こうしないと、ドラマとしては成立しないからでし
ょうけど。

ですが、それがどこかですね。
お笑い部分をたゆらせたムロツヨシさんを対象にし
たように映りますから。
ここは笑いを取ろう!というところかもしれません。

それにしても、このドラマはムロツヨシさんの登場
によって、多少なりとも、NHK の大河『おんな城主
直虎』を意識して、それを匂わせているかのように
も映ります。

あるいは便乗しているのでしょうか。
「金のにおい」のワードは今までの FILE の中で
さして強く耳に入ることはなかったと思います。

ですが、この第 6回の FILE4 ではビンビンと入る
のです。
ちょうど、ムロツヨシさん、先ほどの『おんな城主』
では、春先から方久として再登場し「金の匂い」の
ワードをですね。
「カンカン」と擬音も混ぜて表現しています。

ですから、これとかけているのかなと思うのです。
しかも、山口智子さん演じる風かほるは、あかつか
探偵事務所の所長であり、経営者でもあるのでしょ
う。
ことさら五郎には「金の匂い」のワードをぶつけて
いますから。

でも、これってゲスト歓迎の証かもしれません。
ムロツヨシさんが大きく目立つようにという考えに
も見えてきます。
こうなると、ムロツヨシさん、悪者役ですが、何か
面白みを与えてくれます。

という感じで、徒然に思うことを並べていますが。
このドラマ。
結構、気に入っているので次々と言葉が出てきます。

真夜中のハリネズミ Music from and inspired by ハロー張りネズミ [ SOIL&“PIMP”SESSIONS ]


さらに続けると、この回の終わりです。
五郎があかつか探偵事務所内で回想するかのように
語っている時にですね。

よい話か。
ゲスい話か。
「わかんないなあ」
と、森田剛さんのグレが言葉にした時。

五郎は反発するわけですが、その時、蘭子がですね。
五郎の側に立って、夜の女性は男の真価を見極める
ようなことを言うのです。
演じているのは深田恭子さん、ということもあるで
しょうけど。

なかなか、あの場面はよき感じでは!
ちょいと、頭に残ってしまいましたね。

ということで、今回も朝起きて昨夜見たドラマに触
れつつ、ウンタラカンタラとなってしまいました。

今回もこのように。では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。