グッドパートナー(無敵の弁護士)の竹野内 豊さん演じる弁護士のバッジはずし! 相手ホントに話を聞く?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回はテレビドラマのこと。
いつものように徒然に思うのです。

グッドパートナー(無敵の弁護士)のこと。

項 目

1 独断の面白ツボ
2 第3話のヤクザ

独断の面白ツボ

このドラマ、ひかれますね。
というか、単純に面白い。

たぶん、ストーリーの展開が速い!
そこがよいのでしょう。

せっかち系の僕には合うようです。

第3話まで見てだいたい流れのポイントは
こういうところでしょうか。

独断の面白ツボですけど。

まず、トップに上がるのが、これ。
大上段で振りかざしてみます。

竹野内 豊さんと松雪泰子さんのトーク部分。

 咲坂・夏目両弁護士
 元夫婦の喧嘩

このお二人の掛け合い漫才でしょうね。
この番組、ドラマの目玉です。

喧嘩トークのポイントは高いでしょう。

でも、本当に喧嘩別れだと子供がいても
お互い「パパ」「ママ」の言葉を交わせる?

やはり、そこは、ドラマです。
人間が可愛く見えます

次は、こちらでしょう。

 咲坂弁護士の
 バッジをはずす!
 一人の人間の語り

これはドラマのカッコよさのつぼでしょうね。

ただ、毎回見て思うことは肩透かし喰らう?
そういうことは考えないのかな?
ということ。

時には相手側が弁護士ではないなら
「失礼する」
という人もいるような気がしますけど。

野暮なことを言ってはいけない?
ドラマですから。

続いては、個人的な興味からこちらを。

 神宮寺所長
 雑学語り

楽しみです。
國村 隼さんの神宮寺所長。
あの独特な語りがいいです。

 フタコブラクダと
 ヒトコブラクダの
 盛り上げ話

ところで、第3話でのピーナッツをのどに
詰めたのは本当に演技?

顔が赤ぽかったので、マジになったかと
思いましたね。

そして、今度はこちらです。

 猫田弁護士
 婚活・お見合い話

結婚願望いっぱいの猫田弁護士の若さと
メンクイ好みを強調したような独身男の
ワンポイント。

私生活ではズッコケ(?)ているところも
あるんだよ?
という弁護士を表現したいのでしょうか。

さらにこちらも取り上げてみます。

 新人アソシエイト
 熱海弁護士の
 リアクション

第1話から大きいですね。
印象に残ります。

このリアクションが、スパイス的な効果を
上げている?!

まあ、よくわかりませんがインパクトはある
ようです。

多少、入りすぎのような傾向も見えますけど。

このほか大倉孝二さんの九十九パラリーガル
こちらもややいじけた雰囲気を出しながらも
ドラマの隙間を埋めるように盛り上げます。

他にも多々見られますが、大きなところは
こんな感じ。

また、同じ隙間を埋めると言えば、この方も
面白いです。

馬場園 梓さんの城ノ内アソシエイト弁護士。

特に、第3話での茂木パラリーガルとの掛け
合い漫才(?)

「どす黒い茂木ちゃん・・」

ああいう雰囲気、どことなく世間一般にあり
そうで頭に残ります。

プロレスが好みのようです?!

ところで、第3話ではゲストにも目が丸く
なりました。

第3話のヤクザ

ほっしゃん・・星田英利さん。
今は芸名を後者。

この方、コメディアン only かと思って
いたけど。

役者さんとしても幅広く活動している様子。
実際、第3話・・怖さの軸がぶれない!
というのか、強く興味を感じます。

いつもニコニコしているか笑いを取っている
ような印象しかないので、あのギャップ
(gap)がいいですね。

そして、軸がぶれると怖さがなくなるから
基本的に役者さんとして持続的な演技が
上手いのでしょう。

グッドパートナーとはやや話はそれましたが
ゲストを見て、この役者さんもいいな!と。

今回も徒然にこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. おんな城主 今川義元
  6. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。