建武の新政期を扱う? 漫画、偽伝太平記『バンデット』を目に入れて! 野心の姿が面白いのです!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

建武の新政期を扱う?

今回は漫画、ちょっと興味深く思うものに出会いましたので触れてみます。

偽伝太平記 『バンデット』

作者は河部真道さん。

漫画と言ってもですね。
歴史を扱った、しかも日本の動乱時代を取り上げたものです。

太平記と名がありますからね。
想像がつくように鎌倉時代末期から始まって、建武の新政期を経たあと、足利幕府が室町に定着するところまで描くものと思っています。

そして、始まりはわかります。
でも、終末は作者しかわからないでしょう・・ね。

当然でしょうけど。

ずっと先の話には残念ながら言葉を持ちませんが。
とはいえ、始まりから歴史好きには面白い描き方と思い楽しめます。

ただ、ストーリーはかなりデフォルメした面もあります。
そのためか・・「もし、そうなら」と目に入れる側も頭の中で膨らみを増していきます。

たとえば、鎌倉幕府末期の御家人の一人である足利貞氏には子が二人。
高氏(尊氏)と直義の名はよく聞くところですが、この漫画では尊氏に兄がいる設定になっています。

そして、その兄、高義がストーリーの火付け役に収まっているわけです。

太平記 バンデット

スポンサードリンク

ということで、この人物と下人の立場で生き抜いてきた『石』と呼ばれる若者が繰り広げていくのです。

たぶん、三巻まで読む限り。

ところで、バンデットって、BANDIT、盗賊ですね。
確かに、そのいでたちに見えますから。

タイトルにある盗賊がどのあたりで大きくなるのか。

まだ、三巻までしか目に入れていないので、さわり部分で判断しているだけですが。

おそらくは動乱期の末期と思われる足利幕府の土台成立まで『石』がどのように育ち生き抜くのか。
これを表すものでしょう。
違うかな?

ということで、大きな柱はこのようなものかと、勝手に思っています。

くどいですが、三巻まで目に入れて見ての話。

ところで、この二人は中国地方から関東武蔵、下野あたりを行きかいます。
ですのでスケールは大きく見えます。

また、最初に歴史上の人物で取り上げられる人物は、播磨・佐用の豪族、赤松円心です。

実際は守護大名でしょうか。

この人物を拾うことを捉えると。
作者はかなり歴史通に見えるわけでして、その後の鎌倉幕府倒幕に関わる歴史上の人物など。

どれをどのように取り入れるのか!
とても興味深いのです。

ちなみに赤松円心、これは古くは源氏(村上天皇系列)の流れを汲むとも言われ、こちらの名の方がよく知られているかもしれません。

赤松則村

足利尊氏が新田義貞らに京の都を追われて、西国九州に向かう際、逃げ込むように立ち寄った際。

支援を施したのが、この赤松則村であったわけで、一族が足利幕府の主要な位置を占める元を作る人物でもあるのです。

作者はそのあたりも念頭に置いて、ストーリー進行を考えているのでしょう。

と、これは僕の見立て。

また、この漫画では比叡山の延暦寺も大きく取り上げています。

特に護良親王です。
天台座主として、延暦寺の僧兵の兵権を握り、後の鎌倉幕府の倒幕運動、後醍醐天皇を支える力として、世俗にまみれる姿で描かれています。

読み進むと「それもありなん」と思えますから、まるでその時代を見てきたような表し方。
まあ、それは言い過ぎにしても。
とても面白いのです。

さらに東に向かって、足利の本拠地下野に向かった際は父・足利貞氏との因縁話があったりと。
凝った部分が登場します。

もっとも、この部分はメイキング、デフォルメなんでしょう。
高義自体がそうと思われますから。

ですが、偽伝『太平記』の根っこのようにも見えます。

こんな感じで少々デフォルメ、アレンジを加えながら。
太平記の時代、鎌倉幕府末期、後醍醐天皇の倒幕時代を背景にしつつ。
時代を奪うバンデットとして描いていくのでしょう。

太平記 バンデット

ともあれ、徒然ながらこのように思うのです。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IQ246 土屋太鳳
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。