高畑淳子さんのCM中止の動き! 子息(息子)の犯罪の影響を家族まで? 一般人もだけど芸能人の世界はより非情か?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。

成人男子の犯した犯罪の責任、余波を母親が
負うべきなのかについて。

まずは、俳優の高畑裕太容疑者が留置先(前
橋警察署)から前橋地検へ送検されたとあり
ます。

これはいたしかたないでしょう。
やはり行った所業の報いともいうべきもので
あり、同情の余地はなしかと思いますね。

つらい思いをしたのは被害者でしょう。
それに応じた報いと償いはせざるを得ないか
と受け止めます。

ただ、この事件の影響部分で親子という関係
だけで成人者の犯罪行為の責めを親が背負う
必要があるのか。

その点はどうでしょう。

しかも成人男子ですからね。
このあたり、ちょっと気になるところです。

実際、一般的にある話として子供の犯した罪
の内容によってはですね。
住み慣れた地域を離れなければならないこと
もあるようです。

しかし、親権の及ぶ未成年者の話です。

繰り返しになりますが、成人した親族の場合。
それはどうなのでしょう。

女優の高畑淳子さんの場合はですね。
子息(息子)の俳優の高畑裕太容疑者の件に
連座したような感じで、CM出演を含む自らの
仕事に影響が出ているとあります。

CMは、今出演しているものを見ると。
花王、キンチョー、かどや製油、日本生命が
挙がってきます。

いずれも名だたる会社・企業ばかり。

依頼する会社は、その会社のイメージを背負
ってもらい、CMに出てもらうのですから。
それを損なうようなものではお話にならない
ということでしょう。

当然、会社と商品に対するネガティブな印象。
これは避けたい!

当然、そのように考えるもの。
そして、この部分は大事なのです。

会社にとってはですね。
CMが原因で商品が売れなくなっては本末転倒
ですから。

加えて、暗部がある人物では視聴者あるいは
消費者である商品ユーザーからの批判に抗し
切れないという側面もある!

そうしたことを加味してですね。
今回は花王が放映中止にしたのかと思われる
のです。

その他の会社は何か具体的に言葉にしている
ものがないようなのでわかりませんけど。

今は花王のみ。
(25日現在)

とにかく、会社・企業としては視聴者の目を
否が応でも気にしなくてはならず慎重になら
ざるを得ない!
そうした判断なのでしょう。

ただ、今回の事件は高畑淳子さん自身の問題
ではなく成人した子息(息子)のこと。

ですから、親にまで事件を犯した人物同様な
対応をせずとも良いのでは。
と、同時に思えたりもするのです。

会社・企業、視聴者等々が・・ですね。

悩ましいところかもしれません。
当然、こういうのはダメとか。
甘いとか言われる声もあると思いますけど。

今後、世間はどう見てどのように向かうので
しょうか。

個人的な思いだけですけど。
親族の範疇にある人にはほどほどのところで
収まることを念じたいものです。
(もちろん、容疑者は論外ですけど。)

何と言っても、何か非情に見えますから?
高畑淳子さんが成功しているように見える分
だけですね。

ということで、今回も徒然に思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. リベンジ ポルノ
  2. 山本陽子 ドラマ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。